2007年01月28日

28-2 【新製品】インターマウンテンの2段式自動車運搬車

●No.28 【新製品】インターマウンテンの2段式自動車運搬車 ワークスK 2013/03/20(水) 05:19:39
  No.53 【新製品】インターマウンテンのバイレベル・オートラックは ワークスK 2013/04/26(金) 04:13:32
    No.66 【新製品】インターマウンテンのバイレベル・オートラックは値段が下がり ワークスK 2013/05/14(火) 03:08:21



No.28 2013/03/20(水) 05:19:39
ワークスK
【新製品】インターマウンテンの2段式自動車運搬車 関連発言
やっと発売となった様ですね。なんというスケスケ感! 指で押したら凹む? 妻面の扉も可動式にしてほしかった? 最大の問題は値段? メーカーのラインナップはここ。






No.53 2013/04/26(金) 04:13:32
ワークスK
【新製品】インターマウンテンのバイレベル・オートラックは 関連発言
 
 

 

妻の観音扉(クラムシェル・ドア)は開くんですね。
これは、そのメーカー画像。

購入された方は、おられますか。



No.66 2013/05/14(火) 03:08:21
ワークスK
【新製品】インターマウンテンのバイレベル・オートラックは値段が下がり
 量販店のトレインワールドでは、54.99ドル。
 値段に怖気づいて、皆、注文を控えているのかな。
 この値段でも、円安が進んで、我々には恩恵が無い‥‥。



 

妻の観音扉(クラムシェル・ドア)は開くんですね。
これは、そのメーカー画像。

購入された方は、おられますか。






No.66 2013/05/14(火) 03:08:21
ワークスK
【新製品】インターマウンテンのバイレベル・オートラックは値段が下がり 関連発言
 量販店のトレインワールドでは、54.99ドルだそうです。
 値段に怖気づいて、皆、注文を控えているのかな。
 でも、円安が進んで、我々には恩恵が無い‥‥。






posted by ワークスK at 05:25| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

24-8 【Kato HO】新製品P42への期待と不安、E5はやぶさ

●No.24 【Kato HO】新製品P42への期待と不安 ワークスK 2013/03/13(水) 01:20:07
  No.47 【Kato HO】新製品P42の3D-CAD図をアップ ワークスK 2013/04/09(火) 23:30:00
    No.65 Re:【Kato HO】新製品P42の試作品出来 ワークスK 2013/05/11(土) 02:11:18
      No.82 【Kato HO】塗装済みサンプルを披露 ワークスK 2013/06/06(木) 22:54:24
        No.130 【Kato HO】MR誌のレビューは ワークスK 2013/08/07(水) 20:10:02
  No.121 【Kato HO】日本のサイトに生産予定アップ ワークスK 2013/07/27(土) 00:01:20
    No.131 【Kato HO】で、はやぶさ! ワークスK 2013/08/08(木) 03:38:30
  No.247 【Kato HO】P42動力ユニットのアメリカでの評判 ワークスK 2013/12/31(火) 16:08:38
    No.250 Re:【Kato HO】P42動力ユニットのアメリカでの評判 バラックモデル 2014/07/10(木) 22:31:34


続きを読む
posted by ワークスK at 21:05| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

18-10 続プロトとファインの車輪

●No.18 第4次 No. 288 への返事 稲葉 清高 2013/03/09(土) 01:12:28
 No.19 プロトとファイン ワークスK 2013/03/09(土) 14:40:42
 No.20 ヨーロッパのプロト 稲葉 清高 2013/03/11(月) 11:20:48
 No.21 NWSL の「在庫」について 稲葉 清高 2013/03/11(月) 13:48:51
  No.22 なるほど「ファイン=セミスケール」ですか ワークスK 2013/03/11(月) 16:54:53
   No.23 Re:なるほど「ファイン=セミスケール」ですか 稲葉 清高 2013/03/11(月) 23:23:36
    No.25 セミスケール車輪を改軌して‥‥ ワークスK 2013/03/14(木) 21:43:58
     No.26 Re:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 匿名希望 2013/03/19(火) 10:05:04
      No.27 Re*2:セミスケール車輪を改軌して‥‥ ワークスK 2013/03/20(水) 04:59:11
      No.29 Re*2:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 稲葉 清高 2013/03/23(土) 12:05:04
       No.30 Re*3:セミスケール車輪を改軌して‥‥ ワークスK 2013/03/23(土) 17:08:50


No.18 2013/03/09(土) 01:12:28
稲葉 清高 Website: http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/index-j.html
第4次 No. 288 への返事 関連発言
おやまあ、こんなところで...
ちょうど境界にあったみたいだから、第5次に書いておきます。
> 御教示ありがとうございます。
> サイトを覗いてみましたが、難しい話なんですね。
> グーグル・クロームにはトラウマ、というか偏見が‥‥(笑
いや、別にクローム使わなくっても良いですよ。世界中のブラウザ試したわけじゃあないけど、IE の「バグフィックス」以降のバージョン以外なら確実に見れるから ;-)
M$ の言うところの「直し方」は知ってるけど、HTML の規格に従って書かれたページを読めないままにしとくソフト屋に付き合う気はないので...
# iPhone からでも正しく見えるみたいですねぇ、使ってないけど

ちなみに、proto 87 ですが...
http://proto87.team.pagesperso-orange.fr/Proto87/proto87.html
http://www.proto87.com/
http://www.club-proto-87.com/
http://www.modelbaneteknik.dk/jernbane/spor/spskanv.htm
などなど、あります。

全部規格的には、NMRA の Proto:87 と一緒と言えるけど、むしろヨーロッパの方が盛んな気がします。輪軸以外は最近はアメリカからは買いませんねぇ...




No.19 2013/03/09(土) 14:40:42
ワークスK
プロトとファイン 関連発言
プラウザの話は一先ず置かせていただいて、稲葉さんのコメントは、、第4次掲示板でプロトとファインの違いについての話題です。

ヨーロッパでプロトが盛んな理由は、H0のハイフランジへの反動なんでしょうか。


No.20 2013/03/11(月) 11:20:48
稲葉 清高 Website: http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/index-j.html
ヨーロッパのプロト 関連発言
> ヨーロッパでプロトが盛んな理由は、H0のハイフランジへの反動なんでしょうか。

うーむ、こうしたマイナーなもののはやり/すたりはいろんな原因がからむから、スパッとはいえないですね。
勿論、works-k さんが書かれたのも理由の一つでしょう。
ただ、一番大きいのは、「部品供給『メーカ』の存在」じゃあないでしょうか... この辺は、日本型 HO スケールと一緒の話。
後、基本的にヨーロッパのレイアウトの方が小さいというのもあるでしょう。ヨーロッパじゃないですが、イギリスで有名だった Federal Street というレイアウトは、プロトとしては大きいねって事でも有名でしたが、それでもたかだか 4 畳くらいだったと思います。

No.21 2013/03/11(月) 13:48:51
稲葉 清高 Website: http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/index-j.html
NWSL の「在庫」について 関連発言
ブラウザの話から、輪軸の話になってしまいましたが (って、話が逆?) も一度、元の記事を読んでみました。

> 絵に描いた餅のP:87は、廃れていく‥‥という図式でしょうか。

別に P:87 は「絵に描いた餅」ではないでしょう。

NWSL は、昔からバッチ生産なので、需要が少ない輪軸は在庫なしの事が多いです。逆に言うと、注文すると 2 週間後とかに送ってきてくれます。もっと言えば、カタログにないものでも、簡単に特注できます。ただし、車輪のプロファイルが異なるものは簡単には特注できません。(つまり直径だけが違うってのは簡単に特注できるということ)

その場合は、(相手の気分次第ですが) 注文した特注輪軸に set up fee として $30 が上乗せされます。(というか、「されました」)

#64 の規格が普及する前に、NWSL では #72 の規格の輪軸を売っていたのですが (我が家にも残っている) さすがに、これは P:87 の線路と相性が悪いので、カタログからは落ちていますね。それの末裔が NWSL の言う Proto:HO で、これはさすがに使い道は限られますね。(NMRA 的には Proto の後ろは数字、Fine の後ろはアルファベットと区別しているので、この名前の付け方は意図的でしょうね)

> となると、残る問題は分岐器の方です。

その通りで、アメリカ型の場合は分岐器が (キットでも) 見つけにくい事です。何年かに一度、誰かが作ってチョロッと出てくるのですが、そういう人は自分が必要な分が手に入ると頒布をやめてしまうので、いつまで経っても定常的な流通がされないという事になってしまいます。しかも、アメリカの分岐器って鉄道会社ごとに違うので、キットが出ても使えないことが多いし...

この点で、ヨーロッパだと SNCF 用やら DR 用やら、主な鉄道会社のものは買えるので、ヨーロッパの方がちょっとは楽なのです。(「主な」とはとても思えない、デンマーク国鉄、つまり DSB、の分岐器なんてのもありますが)

> 一方“ファイン”は全く見つからない‥‥

これも、ちょっと判りにくいですが、「商業的」にはセミスケールと呼ばれる事が多い、輪軸の規格です。"Semi scale wheelset" で引けば、ワラワラ見つかると思います。

> そうですね。プロトの車輪には、それに適合するレールが必要です。

という、俗説が多いので、そうでないことを実験したのが私のところにある http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/proto87/proto87.html なのですが...
車輪のフィレットとレールの面取りは安定した走行には関係しませんでした。勿論、low-D 車輪の実験のように、走行抵抗には関係する可能性もありますが...

No.22 2013/03/11(月) 16:54:53
ワークスK
なるほど「ファイン=セミスケール」ですか 関連発言
 そう考えると、納得ですね。「ファイン」は既に広く普及していることになります。セミスケール車輪なら、インターマウンテンでも、リボックスでも、またエグザクトレールでも売っています。
 これで、「スタンダード」の線路を走行可能ということですか。
 仰せの、Proto:87と、Fine:HOとでは、"87"と"HO"と使い分けている点も良く理解できます。
 セミスケール車輪は、勝手にやっていたわけでは無くて、NMRA規格に則っていたんですね。

 ここで残された問題は軌間の許容範囲で、スタンダードだと16.50-17.07mmとなっているのに対して、ファインが16.5-16.9mmと、狭くなっていること。ファイン=セミスケールの車輪が、スタンダードの軌間の内側に落っこちる可能性がありますかね。
 解説TN-1.1.2をちゃんと読めばよいのでしょうが‥‥。

 ところで“俗説”の件ですけれど、レールの角が丸くダレていて、プロト車輪の極端に低いフランジに引っ掛からない‥‥なんてことは、本当に無いのですかね(笑)

No.23 2013/03/11(月) 23:23:36
稲葉 清高 Website: http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/index-j.html
Re:なるほど「ファイン=セミスケール」ですか 関連発言
> セミスケール車輪は、勝手にやっていたわけでは無くて、NMRA規格に則っていたんですね。

yes でもあり、no でもあります。
「車輪」は、HO のファイン規格が決まる前から、規格があったので RP25 の #88 を使いました。これは、もとは HOn3 用の車輪でした。
「輪軸」は、むしろ現状追認で、事実上の標準となっていた #88 を 16.5mm ゲージにするものを、ファイン規格と位置づけたものです。
「輪軸」および「軌条」の規格としては、できた順は、standard (昔の、もしくは、差別的な、言い方で coarse と言われていた物)、proto そして fine の順だったと思います。ただ、長らく後ろの二つは RP もしくは TN だったので、標準しか見ていなかった人は気がつかなかったのではないかと思いますが...
「標準だけ」でも見てる人はまだ良いんだよなあ、とか言い出すとグチモードになるからやめておきますが ;-)

> 解説TN-1.1.2をちゃんと読めばよいのでしょうが‥‥。

はい。
というか、実は HOJC 暫定規格なるものを作る時にこれを日本語訳して、クラブ内ではまわし読みできるようにしていました。(正確には Wilson 委員会が最初に出した TR6-2001 ですが、骨子は一緒です)
で、これは非常に重要な文書だな、と思って NMRA に「これの日本語訳を、自分のホームページに載せたいんだけど許可してちょうだい」というメイルを出したのですが、答えは No! でした。


No.25 2013/03/14(木) 21:43:58
ワークスK
セミスケール車輪を改軌して‥‥ 関連発言
 セミスケール車輪は厚さが薄くて、安価に調達できるので、12mmや13mmゲージに使えないでしょうか。
 両規格の2.0mmよりは少し厚い2.2mm(=0.088インチ)ですけれど、分岐器にセルフ・ガード式を使わなければ、可能ではないかと。

No.26 2013/03/19(火) 10:05:04
匿名希望
Re:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 関連発言
> セミスケール車輪は厚さが薄くて、安価に調達できるので、12mmや13mmゲージに使えないでしょうか。

使ってますよ...
ただ、アメリカのセミスケール車輪はまずスポークがないので、応用が限られます。

>両規格の2.0mmよりは少し厚い2.2mm(=0.088インチ)ですけれど、

規格をきちんと読んでください。
NMRA S-4.1 や HOJC 暫定規格では、車輪の幅は「最小値」で規定しています。
本当は、現在の S-4.1 にある Fine:TT をそのまま使いたかったのですが、そうすると S-3.1 との関係でフランジウェイを決めるので泣く泣く、Fine:HO や Fine:HOn3 に合わせたのでした。

> 分岐器にセルフ・ガード式を使わなければ、

これは直接的には S-4.1 の N とは関係ありません。


No.27 2013/03/20(水) 04:59:11
ワークスK
Re*2:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 関連発言
 おおっ! 12mmゲージでは転用された方がおられたのですね。
 当方も、日本型に最適な短い車軸付をReboxx社から取り寄せてみました。もちろん、車軸をそのまま使って、単に車輪だけ内側に寄せる、13mmゲージャーが言うところの“コンコン改軌”をしようと思ったのです。ところが、これ、段付き軸でした(泣)

 ご紹介いただいた2種類の規格は次ですね。もう少し勉強してみます。

 HOJC HOn3-1/2の規格(Standard of HOn3-1/2)

 NMRA S-4.1 Wheels, Proto & Fine Scales



No.29 2013/03/23(土) 12:05:04
稲葉 清高 Website: http://www2.biglobe.ne.jp/~inaba/index-j.html
Re*2:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 関連発言
> 匿名希望
あれま、移動中だったからか、名前を入れるの忘れてたみたいですね。申し訳ない。
段なしの車軸付きなら SEM やら NWSL から出てますけど、量産キット屋さんのほど安くはならない、ですねぇ。
数えたことはないですが、2.2mm を境界線にすると、今の日本では HO スケール用の車輪は、それより厚い方が多いのではないでしょうか。

No.30 2013/03/23(土) 17:08:50
ワークスK
Re*3:セミスケール車輪を改軌して‥‥ 関連発言
Menu%20Wheels.jpgSEMというのは、オーストラリアのSteam Era Modelsですね。
 なるほど、12mmゲージにはピッタリのHOn3.5用がラインナップされています。HOn3-1/2ってのは、日本固有種じゃあなくて、ワールドワイド。だから"J"などというドメスティックな名称は不適なのかと‥‥(笑)
 軌間を1mm拡げた13mmで使えないかと思うのですけれど、
36"⇒10.5mm径がラインナップされていません。

 一方、16.5mmゲージには10.5mm径の薄い#88車輪があります。軸長23.8mmというあたりが使えそうです。写真を見れば、仰せの様にストレート軸ですから、コンコン改軌が可能でしょう。
 1豪ドル=100円とすれば、4軸分で1,200円程度。スポーク車輪がお買い得ということですか。
 ただ、送料も考えないと‥‥

 なお、5年前に当掲示板(発言番号680)で、ここのブラック・ビートルというパワートラックが話題となったことがありました。

続きを読む
posted by ワークスK at 04:27| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

17 【Trainorders.com】で話題ワイヤーグルー

●No.17 【Trainorders.com】で話題ワイヤーグルー ワークスK 2013/03/02(土) 10:27:35

No.17 2013/03/02(土) 10:27:35
ワークスK
【Trainorders.com】で話題ワイヤーグルー 関連発言
Wire%20Glue%20Pack.gif トレインオーダーズ・コムでの話。

グラファイトをドロドロにした液体で、塗れば通電性を発揮ということの様子。
ただし、接着力はまるでないから、ハンダ付けの代わりにはならない。両側の車輪間にある程度の抵抗値を持たせる在線検知には使える‥‥という程度でしょうか。

 "Wire Glue"で検索すると、日本でも種々、試している方がおられるようです。

posted by ワークスK at 04:16| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

15 【鉄ピク】アーカイブス・セレクション25 京阪電気鉄道1960〜70

●No.15 【鉄ピク】アーカイブス・セレクション25 京阪電気鉄道1960〜70 ワークスK 2013/03/01(金) 16:44:34



No.15 2013/03/01(金) 16:44:34
ワークスK
【鉄ピク】アーカイブス・セレクション25 京阪電気鉄道1960〜70 関連発言
 鉄道ピクトリアル誌の歴史を利して発行されている既刊号の様に、過去記事の集大成という体裁。発行日は4月10日。
 まあ、古いファンなら既にお持ちというものばかりだけれど、集めてあるから便利だし、第一、写真が綺麗。カラーもモノクロも。
 私の初見は、「お手並拝見 京阪電鉄の平坦線用回生ブレーキ付試作電車」という“電気車の科学”誌1959年5月号からのもの。筆者は“T記者”とあって、筆致が面白い。もちろん、2000系ではなくて、1651-1652。
 付録だという「“読者短信”に見る京阪の記録1950〜60年代」の10頁は貴重だろう。

 まあ、旧3000系の廃車人気にアヤカった1冊。
 顔を知っている人物名がたくさん出てきて、懐かしかったり、ムカついたり‥‥(笑)

 淀屋橋地下線へ1900新を搬入する写真については、ブログ記事の方へ引用しておいた。
posted by ワークスK at 04:13| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

14-2 【RMM誌】4月号にアサーンのF7骨董品が登場

●No.14 【RMM誌】4月号にアサーンのF7が登場 ワークスK 2013/03/01(金) 16:04:57
  No.16 Re:【RMM誌】4月号にアサーンのF7が登場 愛好家 2013/03/01(金) 22:39:24
  No.50 【RMM誌】6月号ではアサーンのF7新旧揃い踏み ワークスK 2013/04/24(水) 17:11:40


No.14 2013/03/01(金) 16:04:57
ワークスK
【RMM誌】4月号にアサーンのF7が登場 関連発言
 p90の羽山健編集長コラムで取り上げられていました。グローブ・ブランド時代の美品、箱付、A+Bユニットをセカイモン経由で入手されたとのことです。
 TMS誌ミキストでの山崎喜陽氏の言及を覚えていたらしく、当時の値段に関心を向けられていました。
 私は、幾らで落札されたかを知りたいですね。

 たぶん、金型は後年も変わらず、私のコレクションと一緒でしょう。だとすると、今でもウォルサーズ社が窓ガラスと手すりを売っています。なんと、8.98ドルなどという“バカ高い”値段ですけれど‥‥

 アサーンのサイトでは、それぞれの品番が皆「Sold Out」となっているものの、まだまだこの金型で儲けるつもりだと思いますよ。



No.16 2013/03/01(金) 22:39:24
愛好家
Re:【RMM誌】4月号にアサーンのF7が登場 関連発言
この当時の製品は近年の細密化が進んだ製品とは異なり独特の"味"がありますね。

No.50 2013/04/24(水) 17:11:40
ワークスK
【RMM誌】6月号ではアサーンのF7新旧揃い踏み 関連発言
 またまた、羽山編集長のコラムで同じF7の話題です。
 しかし今回は、最新のRTRのUP色が並んでいます。

 で、
 モールドを較べたら、手すりやリベットの感じが全く一緒だったとのこと。
 すなわち、59年前の金型をそのまま使っていることが証明されたという話です。

 なお、正面のライトが1つ増え、ナンバーボードが一体に変わっている件は、"とれいん"誌1979年11月号の天賞堂広告(下の画像)を見ると、
 この時点で既にそうなっていることが判ります。

 それからでも34年ですか!



posted by ワークスK at 04:50| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

13 【MRH】マグナロック・ブレーキ・ライン

●No.13 【MRH】マグナロック・ブレーキ・ライン ワークスK 2013/02/24(日) 05:28:14

ワークスK
【MRH】マグナロック・ブレーキ・ライン 関連発言
MRH誌のニュース・レターにあった新進メーカー、NARCorpのビデオ・クリップが面白い。といってもアイデアは、つい先日紹介した3線式Oゲージのものにソックリなのだけれど‥‥。

発売元Pacific Western Railway Systemsのサイト

airhose_640_x_400.jpg

で、次の画は、まさか実物では‥‥?

174054_1.jpg

174054_2.jpg

174054_3.jpg

posted by ワークスK at 04:11| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

12 【催し物】三木隆氏のOJ作品発表と運転会

●No.12 【催し物】三木隆氏のOJ作品発表と運転会 ワークスK 2013/02/20(水) 09:03:02


No.12 2013/02/20(水) 09:03:02
ワークスK
【催し物】三木隆氏のOJ作品発表と運転会 関連発言
162_4.jpg右のチラシが送られてきました。
秋元宏氏が編集される「模型大学」NEWSに28回にわたって連載されていたD51 760 が3年間で完成したとのことです。

 折々に現物を拝見していましたので、塗装と仕上げが終わった姿を一目、拝ませていただきたいと思っておりました。

 で、私は寄せていただくつもりをしています。
 なにか、変わったものを持参できれば‥‥

 なお、折々の様子は、当方のブログ記事をご覧ください。



posted by ワークスK at 04:04| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

5-3 【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア

●No.5 【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア ワークスK 2013/02/09(土) 01:25:17
  No.6 Re:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア dda40x 2013/02/09(土) 07:03:27
    No.10 Re*2:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア TS 2013/02/19(火) 09:59:09
      No.11 Re*3:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア ワークスK 2013/02/19(火) 17:48:00



No.5 2013/02/09(土) 01:25:17
ワークスK
【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア 関連発言
無調整ってところが凄い。無料ダウンロード雑誌のMRH誌2月号p105-111に紹介されていて、YouTubeに画像があります。
http://www.youtube.com/watch?v=sGg9e7h3qnM&feature=youtu.be


http://www.youtube.com/watch?v=QuUHcL8KgWQ&feature=youtu.be
http://www.youtube.com/watch?v=CNzqCgtGcKo&feature=youtu.be



No.6 2013/02/09(土) 07:03:27
dda40x
Re:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア 関連発言
要はベンチワークの堅固さですね。それと蝶番の精密さです。摺り減る様な構造のものは駄目です。
ロック部分は面積を大きくして載るようにし、当たり面は少し角を取ります。僅かに乗り上げて滑り込み、そこで落とし錠を掛けます。全く誤差なく接続できます。
実はうちにもあります。開いたことありませんが。

No.10 2013/02/19(火) 09:59:09
TS Website: http://www006.upp.so-net.ne.jp/tohrus2010/
Re*2:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア 関連発言
はじめまして、
http://steinborn.org/billr/Lift%20Bridge/LiftBridge.html
これは開き戸ではありませんが、なかなか凝った仕掛けになっています。可動橋というべきかも知れません。リンクからYoutubeムービーも見れます。ひょっとして、絶対信号機も連動していて、列車が自動停止する仕掛けも有していそうです。


No.11 2013/02/19(火) 17:48:00
ワークスK
Re*3:【MRH】開き戸式のレイアウト・ドア 関連発言
 楽しいサイトの御紹介をありがとうございます。

 動画(A layout tour)を見ていたら、最後の方で本当に自動で動作するんですね。このバランサーの形態は笑っちゃいますが、ウエイトの調整が自由自在ということなんでしょう。
 欲を言うと、ヒンジ側のレールの接続が見たいですね。

 動画では、キャブフォーワード機のキャブライドにもビックリしました。信号機の灯色が変わるんですね。それに、幾らキャブフォワードだといっても中間補機やカブースの乗務員、それにストックカーの家畜は堪ったもんではないと思いながら見入っていました(笑)

【追記】動画のCab forward helper operationsには、編成の中間2か所に連結していた補機を橋の上で切り離すシーンがありました。専用の解放器が仕込んであるんでしょうね。

posted by ワークスK at 03:58| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

3-1 Mainline Modeler誌の旧号をピノチオで販売

●No.3 続Mainline Modeler 匿名希望 2013/02/03(日) 22:40:26
  No.9 Re:続Mainline Modeler 匿名希望 2013/02/18(月) 07:38:01

No.3 2013/02/03(日) 22:40:26
匿名希望
続Mainline Modeler 関連発言
旧掲示板2012/09/12(水)の発言にありましたMainline Modelerのバックナンバーですが、現在、閉店セール中のピノチオで1冊100円で販売されているようです。また、他の鉄道関連書籍や部品類やキットも格安で販売されています。数に限りがありますのでお早めにどうぞ。(旧掲示板が閉鎖されていたので止むを得ずこちらに投稿しました。)



No.9 2013/02/18(月) 07:38:01
匿名希望
Re:続Mainline Modeler 関連発言
教えてくださって、ありがとうございます。ピノチオにメールしたのですが、返事はまだ来ません。


posted by ワークスK at 03:54| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする