2006年07月01日

第4次掲示板 181-4 【ロシア】専門誌「ロコトランス」を発行

●No.181 【ロシア】専門誌「ロコトランス」を発行 ワークスK 2012/08/19(日)
  No.182 【ロシア】「ロコトランス」のオフィシャル・サイト ワークスK 2012/08/19(日) 14:36:57
    No.183 【ロシア】eBayに出品されているけれど‥ ワークスK 2012/08/19(日) 21:22:44
      No.184 実物趣味の場合 鈴木光太郎 2012/08/20(月) 02:24:10
        No.185 【ロシア】鉄道趣味の状況 ワークスK 2012/08/20(月) 14:51:06


No.181 (修正済) 2012/08/19(日) 13:05:44
ワークスK
【ロシア】専門誌「ロコトランス」を発行
朝日新聞の日曜版、グローブの8月19日号はシベリア鉄道特集で、なんと、鉄道趣味に関する記述がありました。

 まず、ロシア唯一の一般向け鉄道専門誌は、月刊「ロコトランス」で、1993年の創刊、発行部数は約1000部。
 編集長兼発行人らが集めた資料が、モスクワ郊外ラメンスコエの市立博物館内に展示されていて、5年がかりで仲間とつくり上げた鉄道模型もあるとのこと。

 バイカル湖に面したスリュジャンカ・バイカリスク間の高台から“鉄チャン”をしたら、貨物列車が5〜10分おき、旅客列車は西行きが2本だけ通ったとのこと。

 少年少女が運行する子ども鉄道が現在25都市にあって、ハバロフスク郊外のものは、客を乗せて街中を走るれっきとした狭軌750ミリの鉄道。
 ‥‥等々という内容です。

2012081500006_1.jpg


No.182 (修正済) 2012/08/19(日) 14:36:57
ワークスK
【ロシア】「ロコトランス」のオフィシャル・サイト
06_2012.jpg 探したら、見つかるものですね。
 当然、翻訳サイトの世話になっています。

 この"Lokotrans"誌の表紙を見ると、実物の他にモデルも扱っています。

 日本で、輸入してくれる通販店もありました。
 Peace & Company LLC


No.183 (修正済) 2012/08/19(日) 21:22:44
ワークスK
【ロシア】eBayに出品されているけれど‥
 アメリカ?のオークション・サイトに出ていて、発送はロシアからで、全世界21ドルで入手できるようです。

 ただし、"See other items"が効かないなど、何か挙動が変です。


No.184 2012/08/20(月) 02:24:10
鈴木光太郎
実物趣味の場合
模型でなく実物誌であれば
http://www.parovoz.com/semafor/
↑があります。過去雑誌のかなりの部分を無料で読めるのはサービスが良いです。
↓は過去記事の一部。(表示に時間がかかります)
http://www.parovoz.com/semafor/2004-07-screen.pdf
ロシア鉄道趣味の巨大入り口は
http://parovoz.com/indexe.php
↑があります。

No.185 (修正済) 2012/08/20(月) 14:51:06
ワークスK
【ロシア】鉄道趣味の状況
御紹介ありがとうございます。これは貴重です。

 併記してある英語を読み進むと、この趣味案内サイト(英語版)の中に、"Semaphore"(=腕木式信号機)という名の雑誌の、2000年に発行された創刊号から、2005年の第8号までが保管されていて、ダウンロード可能となっている‥‥ということですね。

160_0.jpg

160_1.jpg 各号は"Summary"が、英語による中身の紹介で、中でも特に第6号(左の画像)だけは本文も英語としたものが発行されています。

 どうも第8号で休刊ですね。

 この第8号に、冷戦時代のソ連が発注したものの、アメリカが輸出を差し止めた電気機関車“リトル・ジョー”が載っていて、胸をときめかせたのですが、"Summary"に拠れば、アメリカの雑誌"Headlights"からの翻訳転載でした。


 タイミング良くというか、とれいん誌9月号の“E.NUKINAのB級コレクター道”が、ロシア・モデルの第2回目です。

posted by ワークスK at 06:28| Comment(0) | 第4次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: