2004年01月13日

アメリカ型鉄道模型大辞典【すな】

スヌート スパー スプリット・アクスル スラグ スラック スランバー・コーチ等々

【す−すと】<<          【INDEX】          >>【せ】

用語名 説明文/参考/出典 関連項目 登録者
スナッバー
snubber
緩衝器の意であるが、機械的な振動では専ら摩擦式のものを指す。電気工学関係では「スナバ」と表記される。ショック・アブソーバー ダンプナーワークスK
スナップ・トラック
snap track
"snap"は、パチンとハマるの意(weblio辞典)。アトラス社のそのものずばりのSnap-Track、カトーのユニトラックや、バックマンのE-Zトラック、ブラックストーン・モデルズのシステムなどを指す。
 パチンとはまらないもの、例えばシノハラ製も呼ばないことは無いが、セクショナルsectional・トラック(≒軌筐)が適当か。
フレキシブル・トラック セクショナル・トラックワークスK
スナップ・パック
Snap-Pak
オートラックのブランド名。"Ship New Auto Protected Package"の略という。Whitehead & Kales社がフォード向けに開発し、DT&I、N&W、SCL/L&N、UPが導入した。車高17'7"、車長89'4'で、12乃至18台を半自動で固定するシステムを備えた。Trains誌1973年7月号p17 Safe-Pakに発展したという。ファンサイトpdfオートキャリアー セーフ・パックワークスK
スヌート
snoot
原意は(豚などの)鼻snout、鼻持ちならない俗物snob。weblio辞典 SD40-2およびSD40T-2のうち、ショートフードが極端に長いものの愛称。標準型が81または88インチのところ、スヌートはUPが116インチ、ATSFとKCSが123インチとなっている。ロコトロールの無線機を収納、あるいはその準備のため採用された。TransPacific No.15参照ショートフードAll Members
スノークォルミー・パス
Snoqualmie Pass
Milwaukee Roadのカスケード山脈横断地点。Wikipedia英語版を参照ワークスK
スノードーザー
Snowdozer
グレート・ノーザン鉄道の雪掻車の一群を指す。車番X1680-1694。いわゆる広幅雪掻車である。
DRG&Wにも#044が存在する。
スノー・プロ−dda40x
同上一般には"snow dozer"と綴る。MRHフォーラムを参照ワークスK
スノー・バード
Snow Bird
NHのディーゼル機?ニューヘイブンワークスK
スノー・ブロワー
snow blower
アメリカでは、回転により投雪する雪掻車および雪掻機のうちロータリー式は正面回転翼式のみを指す(特許の関係?)。
 ジェット・エンジンにより融雪・除雪を行うものが1960年代以降に客車?ヤードなどで実用化されている。Wikipedia英語版
ロータリー・スノープローワークスK
スノー・プロウ
snow plow
廃車になったテンダーに大型の雪かきを付け、水を満載して機関車で押すものが多い。また、多雪地帯の機関車には小型のものが標準設備されている。支線にはロータリー雪掻車が余り巡回しないので、機関車にも大型のものが付けられる。これをbranch line plowと呼ぶことがある。dda40x
同上"plow"の原意は鋤(すき:weblio辞典)であるが、"snow plow"は「除雪車」としてロータリー雪掻車を含む。ただし、現在では専ら機関車などの先頭下部に設けた小型のもの(パイロット兼用)を指し、雪掻専用車両はウエッジ・プロウと呼ぶことが多い。Wikipedia英語版ウェッジプロウ フランジャー ラッセル車 ロータリースノープロウ ジョーダン・スプレッダーワークスK
スパー
spur
"spur track"ともいう。線路において枝線、引込線、支線のこと(weblio辞典)。行き止まりであることが多い。サイディングとは異なり、専ら走行用で、留置や荷役用でない点に注意。"gravel spur"は砕石場引込線。"spur"に(拍車状の、山などの横に突出した)尾根、支脈」の意味がある。

なお、ドイツ語で"spur"は、"track"=軌道を表わし、HOゲージを"spur H0"、Oを"spur 0"という。
サイディング チーム・トラックワークスK
スパー・ギア
spur gear
平歯車のこと。"spur"は、拍車の意(weblio辞典ワークスK
スパーク・アレスター
spark arrester
アレスターは防止するものの意(weblio辞典)で、直訳すれば「火の粉止め器」。ディーゼル機では、ターボ・チャージャー未装備機の排気口に装備される。
 蒸機のダイヤモンド・スタックなどもこの名で呼ばれる。
アレスター スモークスタック ダイヤモンドスタックワークスK
スパイク
spike
軌条釘の一種で軌条を枕木に緊締するに用ちうる角形幹の鉄釘である。軌条を枕木に締着するには種々の方法があるが、我国においては一般にこの犬釘または螺釘を用いるを普通としている。犬釘は一名『カットスパイク』ともいい、その下端は枕木の繊維を直角に切る様、これを平らに尖らし、頭部は軌条底を圧締める顎をもたしているのである。この頭部が犬の頭によく似ているため、犬釘の名があるが、近時はやや丸味の亀甲形の頭部を有する鉄釘を用いる様になった、しかしやはりこれを犬釘と呼んでいる」出典:昭和10年大阪鉄道局編纂「鉄道用語辞典」
 rail spikeともいう。dog spikeはイギリスの呼び方か。Wikipedia日本語版参照
 犬釘を打つことを"drive a spike"という(weblio辞典)。反対に抜くことは"un-drive"で通じる(?)
ハンド・レイイング フレキシブル・トラック レールワークスK
スパイラル
spiral
日本でいう「ループ線」のこと。Wikipedia英語版 「スパイラル=渦巻き」の定義からすれば誤用だが、慣用で使われる。ヘリックスワークスK
スパイン・カー
Spine Car
164_22.jpg1987年にトレーラー・トレイン社とトリニティ社が共同開発した3-5車体連接のインターモーダル貨車。写真は同社サイトから引用。
 トレーラーを載せる専用フラットカーの一形態。フラットカーの中に含まれるべき車輌であるが、フラットな部分がほとんどない背骨(spine)だけの貨車。トレーラーのタイヤを載せる部分と手ブレーキ装置のある末端のデッキのみに床板がある。
スケルトンカー フロント・ランナーdda40x
スパッド
SPUD
1980年、天賞堂製パワートラックをPFMが彼の地で販売したときのブランド名。Self Propelled Universal Driveの頭文字。またspudはジャガイモの俗称という。鉄道模型趣味1983年8月号p75ミキスト、weblio辞典椙山満 PDT キドマイティ SPUDワークスK
同上St. Paul Union Depotの略称。1971年に閉鎖されたが、2012年に地域交通の要として再建され、アムトラックやライトレールMETRO、長距離バスが発着する結節点に生まれ変わった。Wikipedia英語版official site。Classic Trains誌2002年秋号p98、2005年春号p80-89ワークスK
スパン・ボルスター
span bolster
車両は一般に2つの台車を持つが、4つ(稀に3つ)以上の台車を備える場合には台車心皿間に梁を渡して、均等に荷重を加える。この梁をいう。6台車以上の場合はこれを重ねる。主に、8軸以上の大物貨車や大出力機関車に用いられる。B+B-B+B、C+C-C+C、C+B-B+C、B+B+B+B-B+B+B+Bなど。なお、多台車でもこの方式に依らず、中間台車を左右にスライドさせたり、仮想心皿を用いるものがある。Wikipedia英語版大物貨車例を参照
 モデルの場合、GE製U50のような動力車で車体に両軸モーターを置くものでは、内寄の台車を駆動することが困難で、全軸駆動にはトラックモーターとすることが多い。
シュナーベルカー デプレスト・センター・フラットカー ガスタービン DD アーティキュレイテッドカーワークスK
スピーダ
speeder
保線用の小型軽量の内燃式車両。もともとは自転車を改造したものを指した。
現在見かけるものは二人乗りでガソリンエンジンで走る物が多い。車体には伸縮式の取っ手があり、容易に本線上から外すことができる。

Wikipedia英語版North American Railcar Operators AssociationのHPを参照
ガンディーダンサーdda40x
スピード・レタリング
speed lettering
161_30.jpg主に、鉄道車両の側面に記された鉄道名の書体で、斜体となっているものを指す。D&RGWでは蒸機時代からディーゼル機時代に掛けて、またSPではD&RGW傘下だったディーゼル機時代に描かれたものが著名(写真は、とれいん誌1982年7月号p77から引用)。WM、B&Mのものもこう呼ぶ。

仮説:我が国では、それがクサビ形である点がスピード感を表わすと一般に考えられている。すなわち、機関車の側面図は左を先頭とし、右に傾けた文字が流線型的な視覚効果をもたらすという解釈である。一方、アメリカでは右を先頭とする慣習にあるので、斜体文字は前傾となってしまう。写真の様に、D&RGWの蒸機では左サイドをわざわざ左に傾けて、前傾とした。また、有名な絵本の表紙絵の例がある。さらに、米英の文章中での斜体は強調の意であり、鉄道車両でも同じ文脈で使われるという推論が成り立つ。斜体を単に"slant"という表現も多い。
 よって、スピード感を表現しているものは、前傾姿勢や、文字のヒゲ(セリフserif)ではないだろうか。多くの鉄道で、単に斜体としただけの文字をこの名で呼ばないという事実?もある。ブログBoxcar Red Collectionを参考【書き掛け】スピード・レター
ストリームライナーワークスK
スプライス・ジョイント
splice joint
重ね接手、または重ね合わせ接合。板などを接ぐ場合に互いをオーバーラップさせて接合する方法。リベット、溶接、あるいは接着剤で行う。ラップlapジョイントともいう。weblio辞典
 一方、突合せ接手はバットbuttジョイントという。weblio辞典
フィッシュプレート マイター・ジョイントワークスK
スプライン
spline
与えられたいくつかの点を滑らかに結ぶ曲線、およびその関数。weblio辞典
 モデルの線路敷設において棒状のものの“しなり”を利用すると、滑らかな曲線が描けるといわれる。一様断面の単純梁では近似的に3次曲線となることから、緩和曲線と見做せて都合がよいと考えられる。
 大きな曲線の道床基盤subroadbedを、薄い木板の数枚重ねで生成する方法も稀に採用される。MR誌2012年7月号p51等
トランジッション・カーブワークスK
スプラッシャー
splasher
古典蒸機で、動輪の上部に設けられた泥除け。エンジンの油かき。"splash"は〔水・泥などを〕はねかけるの意。weblio辞典
"fender"と"mudguard"は、専ら自動車用を指し?、前者は米国、後者は英国で用いられる。【要確認】
マッド・フラップワークスK
スプラッシュ・プレート
splash plate
テンダーの水槽内に、枕木方向に設けられる衝立状の鋼板。国鉄では「水槽控板」と呼んだ。水槽内の水が発車時や停止時に踊って、給水口などから飛び出すのを防ぐ目的と考えられる。本来は、"water splash prevention plate"ではないか。 スイング・モーション台車ワークスK
スプリット・アクスル
split axle
2線式の鉄道模型で採用される車輪絶縁の一方式。車輪の絶縁を車軸の中央、あるいは車軸そのもので行なう。
 動力車では台枠部も左右に分割して絶縁する必要があり(split frame)、樹脂製歯車を車軸と一体としたものが多い(写真:バックマン製蒸機の事例)。
 かつてはイギリス製蒸機で用いられ、現在のHOやNスケールのプラスチック・モデルなどでは多用される。個人の作品では稀。

トレーラー用のプラスチック台車では、ピボット軸先端と車輪とを一体の金属製とし、中間の車軸をプラスチックとした例がNゲージに多く、HOではアトラス社が供給する。これを金属製の台車枠に用いるとショートするので注意。
 ピボット軸受先端を含む軸全体をプラスチック(材質不明)とする例はケーディー製品などに存在するが、潤滑性の確保などに留意を要すると考えられる。

アサーンが1944年に売り出したOゲージ用蒸機動輪軸は片タイヤ絶縁で、軸中央で2分割する構造を採り、この名で呼ばれた。MR誌1944年11月号p505
インシュレーテッド・ホイール ケーディーワークスK
スプリング・クリーク
Spring Creek Model Trains
official site オマハの南西180qほどのネブラスカ州デシュラーにある大型鉄道模型店。時折、特製品、カスタム・モデルを販売。"Spring Creek"は地名で、「泉谷」の意。ヒューバーツワークスK
スプリング・バック
spring back
金属などの弾性材料を曲げ加工した場合に、若干元へ戻る現象をいう。強度が大きい=弾性域が広い材料、および薄板で顕著に表れる。ワークスK
スプリング・プランク
spring-plank
1930年代までの菱型枠構造の台車に存在する部品で、バネ座として左右の側梁を平行に固定する役割を担う。"plank"は「板材」の意(weblio辞典)。初期にはオークなどの木材が使われ、20世紀に入って鋼製のチャンネル材となった。ナショナル・スイング・モーション台車では該当部位をトランサムtransomと呼ぶ。
 これを省略した台車をスプリング・プランクレスspring-plank-lessという。
トラック ナショナル・スイング・モーション台車 ナショナル・タイプB台車 ダブル・トラス台車ワークスK
スプリング・ミルズ・デポ
Spring Mills Depot
official site HOゲージのインジェクション・モデルとして、B&Oのキャンストックカーやワゴントップ・カブースをリリースという意欲満々のメーカー。ワークスK
スプルー
sprue
sprue.png鋳造用語で、縦湯口のこと(weblio辞典)稀にスプールとも表記する。専ら、注ぎ口からランナーまでを指す。図は特許庁射出成型用金型技術動向から引用(リンク切れ)ゲート ランナーワークスK
スプレー
spray
吹き付け塗装は1880年代初頭にSPが行ったとされる……。エアレス塗装(air assisted airless spray)、静電塗装(electrostatic spray painting)、エアブラシは…… Wikipedia英語版"spray painting"ウィキペディア日本語版「塗装」【調査中】

"spray can"は「スプレー缶」、「スプレー・キャン」(英辞郎)。"can spray"とは一般に言わない。"rattle can"の用例が多い。1949年に実用化された? 圧力が高いほど霧は細かい? Wikipedia英語版  【調査中】
エアゾール・スプレー ラトル・キャン グラフィティワークスK
スペーリア・ドア
Superior door
ボックスカーに使われたスライド・ドアのブランド。ヤングスタウン・ドアに対抗して1940年頃に登場した。MDCラウンドハウスの40'ボックスカー(写真)がこれ。
 「スーペリア」とも書く。「スペリオル」は仏語。weblio辞典
スライディング・ドア ヤングスタウン・ドアワークスK
スペースカー
space car
「バッファー・カー」、「アイドラー・カー」をみよ。用例:とれいん誌2016年6月号p71、72(佐々木也寸志氏)ワークスK
スペシャル・カー・タイプ
special car type
AARのORERにおける貨車の分類の一つ。カバード・ホッパーカーを含む。Ian Cranstone氏のAAR分類解説参照ワークスK
スペランドウ,アンディ
Andy Sperandeo
Wikipedia英語版 1945-2015。MR誌の編集長を務めた。MRH誌2015年11月号等モデル・レールローダーワークスK
スペリー・レール・サービス
Sperry Rail Service
official site 1911年、Elmer Ambrose Sperryによって設立されたレール探傷検査会社。Trains誌1941年10月号p28-32、Wikipedia英語版ファン・サイトを参照ワークスK
スポンジ
sponge
スポンジ、海綿のこと(weblio辞典
 発泡材はフォームformという。
フォームワークスK
スポンジボブ・スクエアー・キャブ
SpongeBob Square cab
CSXが2011年からSD40-2の衝突安全性と快適性向上を図って取り換え始めた角ばった形状の運転台をいう。
 1999年に放送開始のギャグアニメ"SpongeBob SquarePants"(ウィキペディア日本語版)に擬したニックネーム。
アドミラル・キャブワークスK
スムーズ・バック車輪
smooth back wheel
背面が滑らかな車輪の意。チル車輪のリブド・バック"ribbed-back"と対で用いられる用語。チル車輪ワークスK
スモーキー・バレー
Smokey Valley Railroad Products
official site HOスケールのディーゼル機用ディテール・パーツをロストワックスで供給するメーカー。特にハンドレール・スタンションが好評。1993年にミズーリ州PlantersvilleでLarry Jackman氏が創業。Walthers siteワークスK
スモーク・シールド
smoke shield
蒸気機関車の運転室(キャブ)屋根の後端、側面の後端に斜めに取付けられた幅の狭い板。煙突から吐き出されるシンダ(細かい石炭の屑)を弾き飛ばし、キャブ内に巻き込むのを防ぐ効果がある。
重油燃焼方式に改造された時には、外されることがある。
dda40x
スモークスタック
smokestack
154_12.jpg煙突のこと。
 蒸機の煙突で、火の粉止め(スパーク・アレスター)付のものは、図に示すものが知られている。1と2はダイヤモンド・スタック、3はバルーン・スタック、4は戦後の国鉄機に採用された回転羽根車付(通称クルクルパー)、5はC&Sの3フィートナローで採用された、火の粉の燃え殻をロコ前部下方へ落とすタイプである。薪焚きの他、石炭焚きでも森林地帯を走行する機関車に装備された。TMS誌1957年3月号「プロトタイプガイド」から引用
 なお煙突の開口部は、車両定規の最も高い位置に設定されるのが普通。すなわち、短いものは大型機で、長いものは小型機。サンタフェの大型機の一部は、長さを伸縮できるテレスコーピング・スタックを装備した。

カブースの暖房用ストーブに装備されたものはT字形で、開口部を枕木方向とし、キューポラよりも高い位置に設置され、多くは起動停止時のユレ対策としてワイヤーで支えられていた。また、スタックが設置されている屋根パネルは平板が一般的。
ウッド・バーナー ダイヤモンド・スタック ダブル・スタックワークスK
スモーク・デフレクター
smoke deflector
@蒸気機関車の煙突から排出される煙は、高速走行時にボイラーに沿って流れ,キャブの前方視界を妨げる。
ドイツ,日本では1920年代から各種形状の除煙板が採用されていた。第二次世界大戦以降、戦勝国であるアメリカはそれらに興味を示し、いくつかの鉄道で採用が始まった。
しかし,アメリカの蒸気機関車はシリンダ背圧が低く,すなわちドラフトが激しく噴出するので、 煙はボイラーから遠くに引き離されることが多かった。そういうわけで、除煙板が装備されている機関車は,高速走行が多い機種に限られると言ってよい。
AUPのDDA40Xの煙突の周りの垂直の板を指す。
煙突から比較的近い位置にイナーシャ・フィルターの吸気パネルがあり、そこに煙突からの排気が吸い込まれるのを防ぐついたて状のもの。一部の機関車に装備されていた。
エレファント・イヤーズ ウィング ウィンブルdda40x
スモーク・デンシティ・ライト
smoke density light
煙濃度ライトのこと。オイル焚き蒸機の煙突直前に設けられ、夜間における燃焼状況の確認に用いられた。MRH forumオイル・バーナーワークスK
スモーク・フリー
smoke-free
タバコの煙が無いこと。オフィスやレストランで喫煙が禁止されていることをいう。weblio辞典
モデルのコレクションでは、非喫煙者の所有でヤニが付着していないことを指す。
タバコワークスK
スモークボックス・グラフィックス
Smokebox Graphics
official site HOの貨車用デカールを販売。中でもリフレクター・テープは秀逸。ワークスK
スモーク・リフター
smoke lifter
スライディング・ドア
sliding door
MR1986-03p75.png引戸のこと。"slide door"ともいう。ボックスカーには鉄道創成期より外吊り引戸が用いられる。密閉を要する場合にはヒンジドドアまたはプラグドアとされる。プレス鋼板品はメーカーにより形状に特徴がある(図版はMR誌1986年3月号p75から引用)。MRH誌2016年3月号を参照
 片側に1枚のものをシングルドアという。1920年頃までに(車外から見て)左引きが散見される他は、全てが右引き(開けられた引戸に車番などの表記が隠れないという配慮?)。"SD"と略記される。片側に2枚で左右両引きのものをダブルドアといい、"DD"と略称される。それに対し、プラグドアは"PD"。
 モデル製品では古来、引戸を可動式とすることが多く、初期には鋼板製のU形溝を上下に設けて引戸をスライドさせた。車体がプラスチック製となってからはクロー(カギ爪)付が多かった。2005年前後には概ね固定式となった。

旅客車にあっては‥‥

我が国の車両では【書き掛け】
クレコ ヤングスタウン スペーリア ダブルドア コンビネーションドア オールドア ヒンジドドア プラグドア ヘネシー・ドア・オープナー クローワークスK
スライドウエル
Slidewell
「ヘネシー・ドア・オープナー」をみよワークスK
スラグ
slug
「スラッグ」とも表記。ディーゼル機関車に併結して用いられる補助機関車のこと。
 機関車の出力は、牽引力と速度の積、すなわち電気式のディーゼル機では主電動機のトルク、回転速度、および個数の積で表わされる。よって低い速度域では発揮できる出力が小さいこととなり、エンジンに余力が生じる。そこで、主電動機のみを搭載したスラグへ電力を供給して牽引力を倍加させる。蒸機のブースターと同様の趣旨。親機に単にぶら下がっている姿から、"slug"は「怠け者、ナメクジ(weblio辞典)」の意とされる。メートmateともいう。⇒[メート]
 ほとんどは入換用で、ヤード・スラグと呼ばれる。一般には4軸であるが、低速度で使用されるハンプ用は6軸が多い。一部に存在する本線用はロード・スラグと称し、低速での牽引力増加のほか、発電ブレーキの負担や親機への燃料補給を行う。The Contemporary Diesel Spotter's Guide 2nd Edition p349、ウィキペディア英語版を参照
 カウ・カーフが1930年代後半から1950年代にセットで新製されたのに対して、スラグは1950年代以降に普及し、旧型機からの転用改造が常。ほとんどはキャブ無しで、稀にキャブ付とされることがある(BN-BNSFのTEBC6など)。
トラクション・モーター カウ・カーフ ジェンセットワークスK
スラグ
slag
鉱石を製錬するとき生じる鉱さい(ノロ)。鉄鉱石から生じるスラグを冷やして固めた後、粉砕するとセメントになる。
鉄道模型に関係あるものとしては、製鉄所の構内を走る熔銑車molten metal carとこのスラグを運ぶslag carとがある。
スラグの熔融温度は銑鉄のそれより低いので、より開放的な設計になっている。
熔銑車dda40x
スラック
slack
弛み、緩みのこと。weblio辞典
 軌道にあっては、曲線での軌間gaugeの拡張分を指す。モデルでは、基本的に規格値自体にスラックを含むとされるが、ハンド・レイドの線路ではその許容値内で付与されることがある。NMRAに3点式トラック・ゲージを用いた推奨値が示される。TransPacific RRを参照

 車両のブレーキ・リギングにあっては、ブレーキが緩んだときの制輪子と車輪踏面との隙間を指し、これを一定に保つ機構をslack adjuster(自動隙間調整器)という。
フレキシブル・トラック ハンド・レイイング トラック・ゲージワークスK
スラット
slat
木・金属・プラスチック製などの薄い細長い板。weblio辞典 ストックカーでは、側面および妻面を塞ぐために、隙間を空けて横に張ってある帯板を指す。ストックカーワークスK
スラブ・サイド
slab side
AAR(またはACF)70トン・カバード・ホッパーなどにおいて、側面下部に三角形の切欠きが無いタイプを指す。研究社新英和大辞典第6版に"slab-sided"は「<口語>側面が平らで長い」とあるが‥‥。切欠き有りは"open side"と呼ばれる。ACF 70トン・カバード・ホッパーワークスK
スランバーコーチ
slumbercoach
バッド社が1956-59年に18両を製造した個室寝台車。寝台車にもかかわらずコーチ=座席車との呼び名は、“エコノミー”クラスの意図か。スランバーslumberは、「(すやすや)眠る; まどろむ」の意(weblio辞典)。写真はCar Builders' Cyclopedia 1957年版より引用。TransPacific R.R.を参照ワークスK
スリーパー
sleeper
寝台車のこと。
British(イギリス語)では枕木を指すので注意。米語では枕木は tie である。
dda40x
スリー・ピース台車
three piece truck
一般に、軸バネが無く、側梁2つと枕梁1つの合計3つの主要部材によって構成された貨車用台車を指す。ただし、枕梁の下部にスプリング・プランクを設けた台車、例えばアーチバー、ベッテンドルフ、ラテラル・モーションについては不適切な呼称で、「ダイヤモンド台車」が良いと考えられる。ダイヤモンド台車 スプリング・プランクワークスK
スリー・ブラザーズ
Three Brothers Manufacturing
1990年代に存在したHOゲージ・キット・メーカー。かつてHolgate & Reynoldsが製造したC&NWのギャラリーカーを1997年、改良して発売したことで知られる。CNWファンのサイトを参照ワークスK
スリー・ポイント・マウンティング
three point mounting
「3点支持」をみよ。ワークスK
スリップ
slip
スリップ・リング
slip ring
回転体と電気をやりとりする接続装置。一般に接触式であるが、非接触式も存在。メーカー製品例
 モデルでは、ターンテーブルで必要。
ターンテーブルワークスK
スリム・ゲージ
slim gauge
ナローゲージの別称ワークスK
スリム・プリンセス
Slim Princess
Max Grayにより1958年に輸入されたSPの3ftナローの4-6-0。現物はネヴァダ州リノにある。
dda40x
同上かつてSPが運営した3'ナロー線に対する、沿線住民の呼び名に因む。George Schreyer氏のサイトを参照 ナローをスリム・ゲージとも言うことが起源か。サザン・パシフィックワークスK
スレーターズ・プラスティカード
Slater's Plastikard
official site イギリスの車両キットとレイアウト用品のメーカー。特にOゲージ(スケール7:1/43.5)の多種多様な蒸機用動輪や車輪は有用、他社のキット製品で指定部品となっていることが多い。我が国にも愛用者が存在し、メディカルアート社でも取り寄せ可能。
 タイヤは軟鋼で、スポークはABS、車輪と車軸は四角孔で位相合わせが容易、クランクピンは付属、バランスウエイトはユーザーが適当に調達、ギアボックス、集電ブラシも別売。
 "Plastikard"は、プラスチック製の素材を扱っていることに由来か?
マーキットワークスK
スレーブ・ユニット
slave unit
「カウ・カーフ」を見よワークスK
スレッド
thread
機械関係では「ねじ山」の意(weblio辞典)。"screw thread"ともいう。"thread"単独で動詞としても使われ、「(オネジまたはメネジの)ねじ山を成型する」を意味する。スクリューワークスK
スロープバック・テンダー
slopeback tender
「スローピングバック」ともいう。入換機関車などのテンダーは後進時の見通しをよくするため上部が斜めに切り取ってある。そのテンダーを指す。
 日本国鉄ではC56の例がある。
シフターdda40x
スロール
Thrall Car Manufacturing Company
1945年にMidwest Freight Car Co.等を合併して発足した貨車メーカー。2001年、Trinity社に吸収された。スロール・ドア・カーについては「オールドア・ボックスカー」を参照トリニティ センタービーム・フラットカーワークスK
スローン,アルフレッド P.
Alfred P. Sloan Jr.
Alfred Pritchard Sloan,Jr. 1875-1966。GMを世界最大の自動車メーカーへと導いた元会長。ベストセラーとなった自叙伝My Years with General Motors(邦訳:ダイヤモンド社1967年刊「GMとともに」)には、ディーゼル機開発の経緯なども述べられている。TransPacific R.R. 2001.10.05を参照GM,ケタリングワークスK
スローン・イエロー
Sloan yellow
MKT(Katy)が1934年から車両や建造物に好んで用いた黄色。1933-1945年に社長を務めたMatthew S. Sloanに因む。KatyRailroad.orgケイティワークスK
スロット・ヘッド
slot head
「フィリップス・ヘッド」を参照ワークスK
スロットル
throttle
本来は蒸気機関、内燃機関の出力調整のための絞り弁の意味であったが、DCCではハンドヘルド(手持ち)のキャブ(運転台)を指すようになった。Digitraxが使い始めた。
本来はキャブが正しいはず。 
DCCdda40x
スワップ・ミート
swap meet

【す−すと】<<          【INDEX】          >>【せ】

posted by ワークスK at 12:06| Comment(0) | 大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: