2004年02月08日

アメリカ型鉄道模型大辞典【ゆ】

ユナイテッド ユニオン・パシフィック ユニトラック ユニバーサル・モーター 等々

【や】<<          【INDEX】          >>【よ】

用語名 説明文/参考/出典 関連項目 登録者
ユークリッド
Euclid
Euclid Road Machinery Co. 1953年にGMの傘下に入る。ワークスK
ユーロパ・ペイント・スキーム
Europa paint scheme
NSが1984年頃にリポーティング・マークSOU(元SR)の貨車(?)に適用した簡潔な塗装レタリング(ExactRail社のモデル)。ユーロパ(エウロペ)との呼び名の由来も不明。【調査中】ワークスK
ユインタ鉄道
Uintah Railway
「ユーインター」とも書く。ユタ州からコロラド州を結び、1902-1939年に存在した3フィート・ナロー。TMS 2001-10 p117、Wikipedia英語版を参照ワークスK
ユタ・パシフィック
Utah Pacific
Utah Pacific Model Railroad Products ロストワックス・パーツ・メーカー。HOでGE製ディーゼル機のものを揃えている。ワークスK
ユナイテッド
United Scale Models
126_18.jpg三成善次郎氏が創業したAtlas Trading Co.(アトラス貿易?)という輸出会社の下で製造に当たった複数メーカーのブランド名。それゆえに「合同」とされたという。ほとんどがPFM向けで、一部にVH Models(カナダ)、Fulgurex(欧州)向けがあった。メーカーにはアトラス工業、アダチ、トビーが知られる。HOとHOn3ゲージの主に蒸機を手がけた。ギアード・ロコはアトラス工業製。アート・オブ・ブラス第2巻参照
【管理者:MR誌1985年7月号p127に"United Inc."、1988年3月号p112に"United Minari"名の広告。1982年に主力工場を閉鎖し、その後は小規模の生産を1987年まで継続(詳細調査中)、「フジヤマ」の項を参照】
アダチ アトラス工業 トビー パシフィック・ファースト・メール バン・ホビーズ 酒井喜房AMTK223
ユニーク・アート
Unique Art Manufacturing Company
Wikipedia英語版を参照ワークスK
ユニオン・ステーション・プロダクツ
Union Station Products
Logo1(1).jpgN、HO、S、Oゲージで客車のサイド・キットを販売する。official page(2017.02サイト消滅確認)トレイン・ステーション・プロダクツワークスK
ユニオン・ターミナル・インポーツ
Union Terminal Imports
official site HOケールのブラス・インポーター。2008年創業。メーカーに韓国のブーリムを使う。ブーリムワークスK
ユニオン・パシフィック
Union Pacific
ネブラスカ州オマハより太平洋を目指して建設された大陸横断鉄道の名。またそれを題材としたジョン・フォードの映画の題名。その映画は、日本では「大平原」として知られる。
オマハはミシシッピ川から西部への揚陸地点である。
これはアメリカ軍が第2次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦における最初の揚陸地点をオマハ・ビーチと呼んだことと、深い関係がある。
UPの公式HPおよびWikipedia英語版を参照
大陸横断鉄道 オーバーランド・ルート シティオブdda40x
同上車輪配置4-12-2の呼称。UPが1926年から1930年までに88両をアルコに造らせた3シリンダー機のみが存在した。1925年の4-10-2の成功を受けて製造され、1936年以降は4-6-6-4に取って代わられた。サザン・パシフィックワークスK
ユニット・トラック
unit truck
ベッテンドルフ、アンドリュース、サイミントンなどの台車をいう。
側枠が一体構造であり、軸バネの無いものを指す。側枠に溝をつけ、ブレーキ梁をすべらせる構造は、ユニット・トラック社の特許である事から、その機構をもつ全ての台車を呼ぶようになった。
dda40x
ユニット・トレイン
unit train
連結を解放することなく、往復する貨物列車。石炭、鉱石輸送などによく見られる運転形式。マニフェスト・トレインdda40x
ユニトラック
Unitrack
カトーが発売する道床付セクション・レール(スナップ・トラック)で、NおよびHOゲージを揃える。
 HO用は1986年(TMS誌同年7月号p20で紹介)に我が国で、またアメリカでは翌1987年に発売が開始され、当初は枕木が別体であった。1998年に一体構造となり、同時にバラスト色も変更された。変更後の色調は所謂ソルト&ペッパーで、レールのコード83と共に、アメリカでの販売を考慮しているとされる。道床の材質はABS樹脂で、唐竹割りによる13mmゲージへの改軌の対象となることがある。レールの細さとニッケルシルバーという材質に起因する電気抵抗やジョイナー部の接触抵抗には大電流が流れる動力車で注意を要すという。
 Nゲージ用は1980年(TMS誌1980年9月号p62-63で紹介)に登場し、アメリカでは1984年にケーディー社からMicro-Trains Lineの一環として発売、1987年(TMS誌同年11月号p34に広告)に改良された。カトーのサイトWikipedia日本語版を参照
 なお、MR誌では初心者用の小レイアウトにN、HO共、頻繁に用いられる。

レールの結合方式にはユニジョイナーUnijoinerというブランド名が付けられていて、TTゲージのティリグ社(ティリヒTillig、ドイツ)と、HOn3のブラック・ストーンズ社(アメリカ、2013年発売)で採用されている。単体でも別売され、消耗品扱いといえる。
カトー バラスト ブラック・ストーンズワークスK
ユニバーサル・カー
Universal Car
"Q2"をみよワークスK
ユニバーサル・ジョイント
universal joint
"universal coupling"ともいう。我が国では「自在継手」と呼び習わす。カルダンCardam・ジョイント、フックHooke・ジョイントともいう。一般的知見はWikipedia英語版を参照。
 概ね2個、1対とし、互いに進み角を90度を違えて使う。小スケールに用いられるものは、スパイダーとスプラインが無い簡易型である点に注意(左図)。TransPacific R.R.を参照
ワークスK
ユニバーサル・モーター
universal motor
単相直巻整流子電動機のこと。交流以外に直流でも回転することからこの名がある。構成的には直流直巻電動機と全く同一。初期の電車および電気機関車に使う例がヨーロッパと北米にあり、また日本では1955年に試作されたED44 1がこれ。ウィキペディア日本語版
 大出力のモーターでは、交流での整流を良好に保つために、25Hzや16.7Hzという非常に低い周波数が採用され、極数も少なく設定される(PRRのGG-1で6極)という。
 商用周波数50-60Hzでは、家庭用の小出力のものが電気ドリル、電気掃除機、ミキサー、コーヒーミル等で用いられる。TransPacific R.R.参照

電動モデルでは黎明期に使われ、戦後に普及した交流3線式Oゲージもこれを用いた。回転方向の逆転には界磁と電機子の結線を切り換える2極双投スィッチの車上搭載を要し、基本的には遠隔操作が不可能。電流の遮断ごとに正転逆転を交互に繰り返す機構も市販された。
 アメリカの直流2線式Oゲージでは、主に永久磁石式モーターが使われたが、廉価バージョンとしてこれを装備したものがあり、2極双投スイッチの位置にブリッジに組んだ整流器を設ける例があった。

一般に整流器や永久磁石が未発達な時代の産物といえる。ただし後年、電流遮断時のフリーロールを利して用いられたことがある(TMS誌1981年4月号、伊藤剛氏作品)
直流直巻電動機 セレン整流器 Eユニット オープン・フレーム・モーターワークスK
ユニファイ・ネジ
unified screw thread
アメリカで使われるネジの規格。1864年にフィラデルフィアのWilliam Sellersが提唱し、USSネジ(U.S. Standard Screw Thread、後にAmerican National Screw Thread)となり、第2次世界大戦時に軍需用として米英加間で協定統一化された(Wikipedia英語版、MR誌1942年1月号p29-30)。"unify"は統一化の意(weblio辞典)。ねじ山の角度は60度、呼び番号と1インチ当たりの山数で表す。並目のUNC系統や、細目のUNF系統などがある("C"は"Coarse"、"F"は"Fine"の意)。ISOで規格化され、ISOインチ・ネジともいう。
 HOモデルではUNC2-56(または#2-56という。外径約2.1mm)が、台車中心ピンやカプラー取付に多用される。特に前者は頭径がジャストフィットで、メートルねじでは代用できない。

ウィットねじWhitworth screw threadは、1841年にイギリスで開発された角度55度の三角ねじ。UNCとは1/2"径だけ、ピッチが異なる。その他は入る場合がある。日本では建築関係で使われるという。
 ユニファイ、ウィット共に我が国のネジ専門店で入手可能。【書き掛け】
スクリューワークスK
ユニフログ
Unifrog
PECOが2012年からHOn3で、また2014年から北米向けHO(予告)で発売する分岐器のフログの方式。次の説明がなされてはいるが、実際にどうなっているかは不知。
The wiring of these new turnouts is a development of both the Insulfrog and Electrfrog designs. The stock-rails are wired to the centre-rails at the factory,which in turn are connected to the corresponding frog-rail. This means the turnout is completely live(except for the tip of the frog) with no extra wiring required. If the turnout is being used as a switch to isolate a section of track then it is simple job to remove the wire that joins the centre-rail and stock-rail and it will work like a current Insulfrog. (official site)
エレクトロフログワークスK
ユニ・レベル
Uni-Level
背の高い自動車を運搬するためのオートキャリアーで、車内に棚が無い。すなわち1段。2005年からTTX社がKasgroとNSCで200両を新造? プレートJ(Exceeds Plate F)リポーティングマークに"TTUX"を使う。ファンサイト【詳細不明調査中】オートキャリアーワークスK
ユリーカ
Eureka
JGブリル社が1900年頃製造したマキシマム台車のニックネーム。Eureka Maximum-Traction。“Eureka”とは感嘆詞で、ギリシャの物理学者アルキメデスが、例の金の王冠の真偽を確かめるために比重の計り方を発見したときに発した言葉。一般に「やった」とか「しめた」と訳される。TransPacific R.R.Wikipedia英語版を参照ブリル マキシマム・トラクション台車ワークスK
同上1899年、Jewett Car Companyが試作した、アメリカ最初といえる本格的ガソリンカー。台車に3気筒45馬力機関を搭載し、広幅ベルト・可変プーリーを経て駆動。ただし買い手はなかった。(湯口徹氏による)ジューエット・カー・カンパニーワークスK

【や】<<          【INDEX】          >>【よ】

 
0−9
 すな   A−F
G−O
  P−Z

・用語名の並び順は最初3文字の五十音で、濁音、半濁音は後送りです。
・用語の検索には左欄の「検索」機能が便利です。
・ご意見や追加されたい項目がありましたら、コメント欄にお願いします。
・当辞典に無い項目は、「」に列挙した他の辞典類を御参照ください。

posted by ワークスK at 05:59| Comment(0) | 大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: