2004年04月03日

第1次掲示板(0300−0399 2001.11−)

NORe:件名NameDate
[399] Re: ウエザリング 檜山和明 2002/02/28 22:28:35
[398] UP_SD70Mの話題 松尾よしたか 2002/02/26 22:50:54
[397] ウエザリング yardbird/岸本 2002/02/26 22:33:42
[396] Re: RivarossiのChallengerについて 栗生弘太郎 2002/02/23 03:05:44
[395] Re: トロリー・バスについて教えてください 栗生弘太郎 2002/02/23 02:55:22
[394] RivarossiのChallengerについて デゴイチ 2002/02/21 18:40:12
[393] トロリー・バスについて教えてください 大東孝司 2002/02/21 05:21:02
[392] Re: バックマンから機関車トーマス 栗生弘太郎 2002/02/20 22:42:28
[391] Re: バックマンから機関車トーマス シロ/松本浩一 2002/02/19 22:08:55
[390] Re: バックマンから機関車トーマス S.Nagahama 2002/02/19 12:20:14
[388] 社史についての興味 栗生弘太郎 2002/02/16 14:14:57
[387] Re: アンケートは何とか復旧しました 栗生弘太郎 2002/02/14 22:45:08
[386] アンケート不具合のお詫び 栗生弘太郎 2002/02/14 00:39:57
[385] Re: ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/07 00:19:52
[384] Re: ペンシーカブースN5の色 檜山和明 2002/02/06 20:11:09
[383] Re: ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/06 18:57:08
[382] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/02/05 21:28:25
[381] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 檜山和明 2002/02/05 16:30:30
[379] Re: 問題の車輪について 大東孝司 2002/02/05 08:18:33
[378] Re: 問題の車輪について yardbird/岸本 2002/02/05 02:50:16
[377] Re: 問題の車輪について shibata 2002/02/04 23:45:00
[376] ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/04 23:13:45
[375] Re: 問題の車輪について 大東孝司 2002/02/04 09:45:07
[374] 問題の車輪について shibata 2002/02/04 01:50:34
[373] Re: 牽引力を向上させる方法について 大東孝司 2002/02/02 21:33:09
[372] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/01/30 08:33:34
[371] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 檜山和明 2002/01/29 07:52:46
[370] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 栗生弘太郎 2002/01/29 00:46:30
[369] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 S.Nagahama 2002/01/28 22:49:10
[368] 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/01/28 22:24:53
[367] Re: 銀座イエナ洋書が閉店! Elton_John 2002/01/28 09:45:38
[366] Re: 変なもの 大東孝司 2002/01/24 22:26:23
[365] アムトラックに広告客車登場! 栗生弘太郎 2002/01/24 21:56:35
[364] Re: Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 栗生弘太郎 2002/01/24 21:51:34
[363] Re: 変なもの 栗生弘太郎 2002/01/24 21:48:36
[362] Re: 変なもの 大東孝司 2002/01/24 21:05:36
[361] Re: Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 松尾よしたか 2002/01/23 23:42:42
[360] Re: 変なもの! 大東孝司 2002/01/23 23:22:22
[359] 変なもの!を見つけました 栗生弘太郎 2002/01/23 21:50:40
[358] Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 栗生弘太郎 2002/01/23 21:35:34
[357] Re: HO客車のボディマウント化 加藤剛 2002/01/23 17:51:11
[356] Re: HO客車のボディマウント化 S.Nagahama 2002/01/23 15:02:03
[355] Re: HO客車のボディマウント化 松尾よしたか 2002/01/22 23:33:11
[354] HO客車のボディマウント化 栗生弘太郎 2002/01/22 23:02:50
[353] GP-7の台車軸箱の形について教えてください 大東孝司 2002/01/22 10:40:25
[352] Re: 関西で試走出来るお店は…… N.Yabuhara 2002/01/21 22:36:41
[351] 関西で試走出来るお店は…… 栗生弘太郎 2002/01/21 21:34:39
[350] 銀座イエナ洋書が閉店! 栗生弘太郎 2002/01/16 23:21:39
[349] Re: DCCについて N.Yabuhara 2002/01/16 20:16:34
[347] HO客車のナックルカプラー S.Nagahama 2002/01/16 12:45:22
[346] Re: 牽引力を向上させる方法について 大東孝司 2002/01/13 01:12:59
[345] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その4(最終章) Elton_John 2002/01/11 15:52:27
[344] Re: 牽引力を向上させる方法について Elton_John 2002/01/10 09:21:46
[343] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その4(最終章) 大東孝司 2002/01/07 21:56:44
[342] 牽引力を向上させる方法について 河上賢治 2002/01/06 22:48:44
[341] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その3 大東孝司 2002/01/06 21:53:01
[340] Broadway_Limited_Importsは…… 栗生弘太郎 2002/01/05 22:22:40
[339] Re: UPディーゼル機の塗色解説があった! 大東孝司 2002/01/05 21:44:17
[338] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その2 大東孝司 2002/01/05 21:21:24
[337] 持込で試走出来るお店教えてください N.Yabuhara 2002/01/05 18:21:34
[336] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。 大東孝司 2002/01/05 08:25:40
[334] 明けましておめでとうございます Philly_Lee 2002/01/01 22:14:52
[333] 謹賀新年 シロ/松本浩一 2002/01/01 18:40:59
[332] あけまして、おめでとうございます 栗生弘太郎 2002/01/01 14:21:35
[331] おまけ Philly_Lee 2001/12/22 19:15:00
[330] 特殊塗料について Philly_Lee 2001/12/22 19:01:01
[329] Re: 代用塗料データベースご登録を感謝 Philly_Lee 2001/12/22 17:41:31
[328] 気になるのは為替相場! 栗生弘太郎 2001/12/22 10:20:31
[327] ジオラマ作成 N.Yabuhara 2001/12/22 08:28:17
[326] クリスマス! yardbird/岸本 2001/12/21 14:23:38
[325] 代用塗料データベースご登録を感謝 栗生弘太郎 2001/12/21 00:00:03
[324] 情報ありがとうございます. Philly_Lee 2001/12/17 23:51:03
[323] FEFの図面は…… 栗生弘太郎 2001/12/17 22:49:44
[322] トレイン・シェッド・サイクロペディア シロ/松本浩一 2001/12/16 23:44:50
[321] FEFのテンダー Philly_Lee 2001/12/16 15:31:08
[320] ブリル台車の件(若干訂正) シロ/松本浩一 2001/12/16 08:38:34
[319] Re: はじめまして♪ Elton_John 2001/12/13 09:25:48
[318] Re: はじめまして♪ N.Yabuhara 2001/12/12 21:06:35
[316] Re: はじめまして♪ Elton_John 2001/12/12 08:54:32
[315] 引き取ってきました>ブリルの本 シロ/松本浩一 2001/12/11 21:55:06
[314] はじめまして♪ N.Yabuhara 2001/12/11 18:51:04
[313] UP新塗装 松尾よしたか 2001/12/08 00:20:37
[312] Re: ブリル台車の型番について シロ/松本浩一 2001/12/06 22:37:37
[311] ブリル台車の型番について シロ/松本浩一 2001/12/02 07:58:11
[310] マイクロ・マーク社のHP 栗生弘太郎 2001/12/01 22:49:56
[309] ホグワーツ急行について(其の2) 牛村福太郎 2001/11/28 05:58:18
[308] Kadeeカプラーのシム yardbird/岸本 2001/11/27 21:01:39
[307] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? Elton_John 2001/11/27 09:18:09
[306] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? 栗生弘太郎 2001/11/26 21:46:26
[305] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? Elton_John 2001/11/26 12:55:51
[304] どちらを買うべきなのでしょうか? 栗生弘太郎 2001/11/25 23:58:24
[303] ホグワーツ急行について 牛村福太郎 2001/11/25 21:45:11
[302] 発注してしまいました シロ/松本浩一 2001/11/24 17:53:41
[301] 表紙が見られるのはいいですね 栗生弘太郎 2001/11/23 23:16:58
[300] History_of_the_J.G._Brill_Company シロ/松本浩一 2001/11/23 09:34:49
BBS_LIST

第1次トラパシ鉄道模型掲示板
発言ログ 0300-0399


<前の発言[0200-0299]へ  発言リストへ  次の発言[0400-0499]へ>



[300] History_of_the_J.G._Brill_Company シロ/松本浩一 2001/11/23 09:34:49

メールマガジンにて栗生御大よりご紹介いただいた題記の書籍ですがスカイソフト書店で取り寄せ可能なようです。スカイソフトとは文教堂と旭屋書店の合弁みたいな会社です。詳細は下記のとおりです。

著者:Debra Brill
定価:$ 49.95
売価:\ 5,798 (消費税/送料別)
版元:Indiana University Press
ISBN : 0253339499
発行日 : 2001年9月

最近になって発売されたのでしょうか、或いは再版? 著者はブリル創業者の直系にあたる方なんでしょうか。

http://www.skysoft.co.jp/Newskysoft/GetTitleDetail.asp?UserID=3458301&ISBN=0253339499



[301] 表紙が見られるのはいいですね 栗生弘太郎 2001/11/23 23:16:58

シロ/松本浩一さん、なるほど、そういう手がありましたか!
表紙の写真が見られるのは、安心感がありますね。これで鉄道車両の本であることがハッキリします。値段もソコソコですから、注文してみることにします。あっ、ここに書くと某氏にバレてしまいますか!



[302] 発注してしまいました シロ/松本浩一 2001/11/24 17:53:41

栗生弘太郎 さん wrote:
値段もソコソコですから、注文してみることにします。

発作的?に注文してしまいました。私の場合は通勤途上に旭屋書店の支店があるので「店頭での受け取り」を選びました(従って、送料は)。
阪急電車の駅売店やJR西のKIOSKで受け取るって言うオプションも選べるんですね。

手元に届くのは12月の第2週くらいでしょうか。



[303] ホグワーツ急行について 牛村福太郎 2001/11/25 21:45:11

昨日11/24公開された「ハリーポッター」観てきました。
キングクロス発ホグワーツ急行が出てきます。
英国らしい美しいなかなかの蒸気でした。

さて、気になっていた蒸気機関車("Hall" No.5972)について
1.OO(HO)は、Honby から発売されています。
R2301 Hogwarts-TM 18-ct Gold Plated Locomotives.(£124.99)

2.本物は・・・
映画シーンは10/02に Glenfinnan駅で撮影されたそうです。
使用機関車は West Highland line K1 No.62005(4-6-0)
詳しくは、英国月刊誌「Railway Nov PP.61」を参照して下さい。



[304] どちらを買うべきなのでしょうか? 栗生弘太郎 2001/11/25 23:58:24

牛村さん、早速のリポートを有難うございます。羨ましい限りです。
映画で使われた実物の機関車は、やはりテンホイラー4-6-0でHallクラスというのは確かなようですね。
http://www.hpgalleries.com/mgallery6.htm
http://www.hpgalleries.com/mgallery5.htm

モデルでは、ホーンビィ社からのものもバックマン社と同じでテンホイラーになっていますが、タネ車はSaintクラスということですから、スケールモデラー?ならば正しいHallクラスだというバックマン製品の方を選ぶべきなのでしょうか (^^)



[305] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? Elton_John 2001/11/26 12:55:51

横合いから失礼します。
件のSteamですが、原作の扉絵を見るとTen−wheelerには見えません。まるで(英国には実在しなかった)Mastodon(4−8−0)かMountain(4−8−2)に見えます。
映画はHall Classを使用したようですが、これも「GWRの機関車がLMSの塗装でLNERの駅から出発」と言われている訳ですから、まあ何でも良いのではないでしょうか?
「入手のしやすさと価格で決まる」というのは乱暴かな?そうでもないのではと思います。



[306] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? 栗生弘太郎 2001/11/26 21:46:26

Elton_Johnさんは、Nスケールで計画されていたのでしたね。その後の進捗はいかがですか? 当アメ情のテリトリーを越えますけれど、もしよろしければ発表いただければ幸いです。ところで、日本語版の扉絵には列車はないようで、残念です。

友人の英国型ファンからのメールをまた転載します。-------------

ホグワーツ急行について、前回の訂正を含めてお知らせします。
現物はまだ見ていないのですが、HORNBY社からいよいよセットが発売になりました。ところが機関車が以前お知らせしましたGWRのSAINT CLASSではなく、一回り大型のGWRのCATSLE CLASSが使用されているようです。変更理由はよくわかりませんが、どちらにしても映画で使用されたHALL CLASSとは異なります。

HALLはSAINTの発展型で大きさ的にはほぼ同じで、どちらも動輪径が6'の2気筒中型機です。一方CATSLEは動輪径6'8.5"で4気筒の大型機です。しかしCMEはSAINTがChurchwardで、HALLとCATSLEはColletが担当しており、形態的にはどちらもHALLの代用になる資格はありそうです。

さて模型の発売についてですが、HORNBY社製はイギリス国内のみの限定のようで、機関車のほかに客車が2両と駅、レール、シート、パワーパックのセットで89.99ポンドです。また映画化記念限定発売で機関車単体の特別仕様機(バルブギア、動輪、バッファー等が金メッキされている)が125ポンドで出ています。

一方BACHMANN社製は客車が3両ついているところがHORNBY社との最大の違いで価格は185ドルです。
いずれのセットも日本では25,000円程度かと思われます。写真についてはHORNBY社が http://www.hornby.co.uk/ 、BACHMANN社は http://www.bachmanntrains.com/ です。同じBACHMANNでもイギリスの http://www.bachmann.co.uk/ にはありません。アメリカ版でしかイギリス機の広告を見られないところがおもしろいですね。



[307] Re: どちらを買うべきなのでしょうか? Elton_John 2001/11/27 09:18:09

栗生弘太郎 さん wrote:
> Elton_Johnさんは、Nスケールで計画されていたのでしたね。その後の進捗はいかがですか? 当アメ情のテリトリーを越えますけれど、もしよろしければ発表いただければ幸いです。ところで、日本語版の扉絵には列車はないようで、残念です。

むむむ、痛い(?)所を衝かれてしまいましたね。Tomix の Henry は購入しましたが、今の所何もしていません。ついでながら、この Henry は、原作の雰囲気は良く捉えていますが、堂々としていると言うか兎に角、巨大です。プロトタイプ(と言うのでしょうかね)である Stanier の Ten-wheeler (私が所有しているのは Graham Farish のものです)と比べると大人と子供位大きさが違います。
要は、これと客車をクリムゾンレッドに塗装して星を散らせばよい筈なのですが・・・

ところで、表紙の画ですが英国で出ている "Harry Potter and the Philosopher's Stone" は Hogwarts Express が King's Cross のプラットフォーム9‐3/4で HST が隣にいて、Harry が吃驚したような表情で立っているというものです。これが、「大人用」になると表紙は何故か Norfolk & Western の Class-J(! 念の為、米国型です!)が朝靄(?)の中を驀進する姿です。
米国のものはアマゾンの広告で見ると別の表紙のようですから、日本版も、(寡聞にして心得ませんが)多分別の表紙なのでしょう。

いずれにせよ、完成したらご報告します。その節はよろしく。



[308] Kadeeカプラーのシム yardbird/岸本 2001/11/27 21:01:39

ちょっと前にメルマで話題になっていたかと思うのですが、先日届いたMicro-Markのカタログに、新製品として高さ調節用のシムがありました。
一枚当たりの厚みが0.025in(約0.15mm)ですので、かなり使えるのではないでしょうか。(未だ試してはいませんが) 材質は圧縮した紙で、レーザーカットしてあるとの事。1セット当り25枚入りで$5.95(HO用),$6.50(O用)です。



[309] ホグワーツ急行について(其の2) 牛村福太郎 2001/11/28 05:58:18

どちらを買うべきなのでしょうか?
ホーンビィ社 R2301 限定商品です。(製造2000台限定)
動輪等18金メッキの特別仕様です。価格は£124.99
英国鉄道模型誌 RAilway Modeller 11,2001 p.p.21a 参照
*コレクターマニア又は投資家向き、未走行で保存状態が良ければ将来プレミアムの可能性は十分あります。
バックマン社 00639 ご照会の通り、セット販売です。目玉は9・3/4番線ポールタールの表示機付き。価格は$89.99
米国鉄道模型誌Model Railroader 10,2001 p.p.121
*何と言っても価格の安さです。セットもの且つ走りも良し。
さて、私自身はバックマンで遊んでいます。個人輸入すれば$120そこそこです。映画を見て、暇を見つけて色を塗り替えたいと思っています。
ということで、ご参考まで



[310] マイクロ・マーク社のHP 栗生弘太郎 2001/12/01 22:49:56

yardbird/岸本さんからご紹介のあったKadeeカプラーのシムは、このマイクロ・マーク社のサイト http://www.micromark.com/ の新製品のページに次の様に出ていました。
http://www.dxmarket.com/micromark/products/82562.html

ところで、“クロコダイル・アクションの耳のポリープ”って、なんなんでしょうね?



[311] ブリル台車の型番について シロ/松本浩一 2001/12/02 07:58:11

ブリル台車には27だとか、21だとか、76だとかの型番が付いていますが、あの型番の数字の意味をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただけないでしょうか。

先日の栗生御大からのご配信のブリルの一件以来、急にこのメーカーの台車に興味が湧いてきました。



[312] Re: ブリル台車の型番について シロ/松本浩一 2001/12/06 22:37:37

一応自分で大雑把に調べた範囲では、次のようになっています。

単台車・・・・・・・・・・・21型
2軸ボギー台車・・・・・・・27型、76型、77型
マキシマムトラクション台車・39型

いちばん有名なのはやはり27型でしょうか。27MCBとか、、、。



[313] UP新塗装 松尾よしたか 2001/12/08 00:20:37

TRAINS 1月号によると、11月から新製配置の機関車のフード側面に大型の星条旗と、"Building America"というスローガンを入れているとのこと。第1号はSD70MのNo.4526。ご存知でしたか?これは是非模型化してみたいネタです。



[314] はじめまして♪ N.Yabuhara 2001/12/11 18:51:04

こんにちは、HOゲージを中学の時やっていたのですが約35年ほど忘れていました(苦笑)仕事先の年配の方でHOのコレクターで処分されるということで、その中で幾つかを分けてもらいました。それで火が再び付いたのです。それらは皆国鉄の車両です。雑誌を見てたらアメリカのSLが載っていて、その迫力に驚きました。すぐに手に入れたいと思いアメリカのホームページで注文しています。ちなみに2−6−6−6と4−8−8−8です。ブラスの高級品ではありませんが、ゆくゆくは欲しいです。それらを購入したら同時に大き目のジオラマを作成する予定です。初心者ですがこれから楽しんでゆきたいと考えています。宜しくご指導お願い致します。



[315] 引き取ってきました>ブリルの本 シロ/松本浩一 2001/12/11 21:55:06

昨日、帰宅途中に旭屋書店に立ち寄って引き取ってきました。定価$45の本が¥6000程で買えるのですから、随分とリーズナブルな話です。内容は勿論鉄分の多い人向けですが、著者は女性ながらこの種の著作の実績があると見えて比較的読みやすいです。まぁ、ご自分のご先祖の研究、と言うことでもありますが。

懸案だった各形式ごとの相違点ですが、面白いことがわかりました。27型と76型の相違点ですが、これはフレーム中央に入っている板バネを支えるボルスター?の部分がコイルバネを介しているのか、或いは板バネを介しているのか、と言うことだけです。この点を除けば両社は共通で、固定軸距離は8ftです。

あと、27Eとか76Eとか、型番末尾にEの付く台車が結構ありますが、これは台枠を鍛造で作っている台車を表わす記号だそうです。早い話がHOとかの模型の台車と同じ作り方をしていると、言えなくもありません。



[316] Re: はじめまして♪ Elton_John 2001/12/12 08:54:32

N.Yabuhara さん wrote:
> こんにちは、……アメリカのホームページで注文しています。ちなみに2−6−6−6と4−8−8−8です。
4-8-8-8ですか?そんなのあったかな・・・それって4-8-8-4ではありませんか?(すいません、決して揚げ足とりの心算ではありません。只々吃驚したものですから。)



[318] Re: はじめまして♪ N.Yabuhara 2001/12/12 21:06:35

Elton_Johnさん書き込みありがとうございます。
私が間違ってました。 Big Boyです。 4-8-8-4です。
2−6−6−6はリバロッシ、4−8−8−4はTRIXのです。
両方ともなかなかすぐには手に入らないと思います。



[319] Re: はじめまして♪ Elton_John 2001/12/13 09:25:48

> 2−6−6−6はリバロッシ、4−8−8−4はTRIXのです。
> 両方ともなかなかすぐには手に入らないと思います。

うむむ、2-6-6-6は最強の蒸気機関車、4-8-8-4は最大重量の蒸気機関車ですね。
さぞや迫力満点でしょう。



[320] ブリル台車の件(若干訂正) シロ/松本浩一 2001/12/16 08:38:34

軸距離の件ですが、8ftじゃなくて84インチでした。8ft(=96インチ)じゃ16.5mm用にしたら軸距離が30mmを突破してしまいますので、こいつは随分寝ぼけた発言をしまして失礼しました。

当然ながらこれは基本型の寸法で、これよりも軸距離の短い仕様はいくらもあるようです。

あと、板ばねを支える部分ですが、76の方はコイルばねで間違いありませんが、27の方は単に固定用金具で束ねてあるだけみたいです。要は、76の方は板バネとボルスターの間にコイルばねを介しているのに対して、27の方は特別な緩衝構造は外側からは見えません。或いは板ばね自体で直接ボルスターをささえているのかも?



[321] FEFのテンダー Philly_Lee 2001/12/16 15:31:08

始めまして プラ製中心にアメリカ型を楽しんでいる25歳のものです.

皆さんにお聞きしたいのですが、リバロッシのFEFのテンダーをどうしていますか? 只今リバロッシのFEFを大改造中なのですが、どうしてもテンダーの形が微妙に違うと思うのですが. コール焚きというのは確かFEF一次型だけですよね. しかしエンジンは明らかに2次型それも給水予熱器付なので1952年以降の形ですよね. 私の見解ですと、リバロッシノの物は現役機844だと思うのですが. しかしテンダーはBigBoyやチャレンジャーの製品と同じ物ですよね?

コール焚きをオイル焚きに改造するのは、比較的に楽な改造ですが、どうしても対応できない異なる2つの点があるのですが、それは、テンダーのRと工具箱の形です。私の手持ちの資料とリバロッシ製品を見比べるとどうしても違う気がしてならないのですが. どなたか、EFEの図面が載っている本やHPをご存知のかたいますか?

最初私は、PSCからテンダーが出ていると聞いたので早速ウオルサーのHPをチェックしたのですが、なんと販売予定だっだ事にビックリしました. その為にこの2の点を無視して製作しているのですが. どなたかお分かりの方が居ましたら情報下さい.



[322] トレイン・シェッド・サイクロペディア シロ/松本浩一 2001/12/16 23:44:50

ニュートン・グレッグだったかから出版されていたトレイン・シェッド・サイクロペディアですが、「Stephans Railroad History」と言う版元から再発売されているようです。この版元の品物は、ウォルサーズからも購入できます。来年の3月に幾らかまとまって再発売があるようです。以下のURLはウォルサーズのサイトの中の、「Stephans Railroad History」の紹介をしたコンテンツです。

http://www.walthers.com/exec/page/manuinfo/v310

因みに、マキシマム・トラクション台車の件の配信の中で栗生御大からご紹介のあった号は、来年3月の再発売の予定の中に入っています。



[323] FEFの図面は…… 栗生弘太郎 2001/12/17 22:49:44

この手の資料を探す場合は、カームバック社の次のサイトをご利用されるのが近道でしょう。ここでは、モデル雑誌の記事などの検索が出来ます。例えば、Philly_Leeさんの御望みのブツでしたら、キーワードに「UP 4-8-4 drawing」などと入力していただくと、一覧表がたちどころに出てきます。 http://index.mrmag.com/

なお、これで検索すると4種類も出てくるものの、要はメインライン・モデラー誌の出版元であるハンドマン社の蒸機図面集だけですから既にお持ちかも知れません。
もし、お持ちでない場合は、洋書屋かモデルショップで探すか、シロ/松本氏がお薦めのスカイソフト
http://www.skysoft.co.jp/Newskysoft/WelcomeN.asp
で注文されるのがよろしいかと存じます。カーンバック社にも同名の図面集がありますから、ご注意ください。

ただし、この図面でテンダーは両側面と両妻面だけが示されていて、平面図がありません。というわけで、形状を知る一番いい方法は、ごく最近発売されたブラスモデルを、モデルショップなどで撮影してくることだと思います (~~)



[324] 情報ありがとうございます. Philly_Lee 2001/12/17 23:51:03

栗生サン始めましてありがとうございます.
早速カームバックのHPチェックしました.とりあえずめぼしい情報がいくつかありました.Mainline Modeler誌にいくつか情報がありそうです. もっと前に、このHPにレスを入れておけば、良かったと思います. 何故ならば、私の製作中のFEFは塗装一歩手前まできてしまったからです. 只、自分なりに思っている問題の解決にはなりそうです. ありがとうございます. もし、もう一両FEFを製作するのならば、フルスクラッチになっても良いからテンダーを挑戦してみたいです.

テンダーの配管類は、とれいんギャラリーで“これでもか!”と言う位見て目に焼き付けて参考にしました. 今週中には完成予定ですので、どこか雑誌に投稿したいと思います. 多分、世田谷にある某出版社になると思いますが. 既にそこには、UPチャレンジャー3985を投稿していますので、FEFと現役E8/9も投稿するつもりです. 全てプラからの改造です.

PS松尾さんより栗生サンのHPを聞きましたので、この前さっそくチェックしてみました. 代替カラーは役に立ちます. 私も今度私が使っている色を掲載しようと思います.



[325] 代用塗料データベースご登録を感謝 栗生弘太郎 2001/12/21 00:00:03

Philly_Leeさん、早速にも代用塗料データベースへ登録いただき、有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。



[326] クリスマス! yardbird/岸本 2001/12/21 14:23:38

年の瀬も迫り、街はクリスマスで多少は明るくなっているのでしょうか
子供に限らず、大人にも楽しいシーズンですね。それとも私だけでしょうか、浮かれるのは。と言いますのも、この時期が年に一回、大蔵省公認で真鍮品を購入できる時期なのです。尤も、非公認のものも数有りますが。
で、今年の公認品はPSCのGN N-3でした。皆様も、年に一回くらいの大盤振る舞いの許可を大蔵省に伺ってみては如何でしょうか?

PS 年々、予算が上昇しているので、大蔵省も渋くなりつつあります。昨年はOMIのMLW S-2、一昨年はTenshodoのGN S-2でした。



[327] ジオラマ作成 N.Yabuhara 2001/12/22 08:28:17

初めてジオラマを作成します。3600×2000の大きさを予定しています。マレー型の大型蒸気を走らせたいのです。半径は900と860の複線で、シノハラのレールを固定して使います。ジオラマで使うアクササリーとシノハラレールを一括購入したいのですが、関西で安くてお薦めのお店を教えてください。宜しくお願い致します。



[328] 気になるのは為替相場! 栗生弘太郎 2001/12/22 10:20:31

yardbird/岸本さん、着々と散財のご様子、羨ましい限りです。
ただ、太平洋のこちら側では、不況風が給料袋を削り取り、さらに円安が追い打ちを掛ける状況になっております。(^^;

特に為替相場は難しいですね。各種予想を見ていると、短期的には円安が進むといいますから、今の130円/ドル弱でも痛いのに、どうなることかと暗澹たる気分になります。来年末には、円安安定と現状回復の2つの予想があります。一体、どちらになっているのでしょうか?

新製品の動向は、ウォンおよび元の相場が関係しますから、ますます微妙な問題ではあります。おっと、元は固定相場でしたか。



[329] Re: 代用塗料データベースご登録を感謝 Philly_Lee 2001/12/22 17:41:31

いえいえとんでもない、あの程度です. 実は、まだあるのですが、どこに置いたかわからなくて・・・ ちななみに色は、SPデーライトレット、オレンジです. 補足ですが、UPハーバーミストグレーーは、UPオーバーランドルートの2色使用のグレーと同じだと思います.

今度、特殊塗料についても乗せようと思います.



[330] 特殊塗料について Philly_Lee 2001/12/22 19:01:01

いきなりこのトピを見て分からない方も大勢居ると思いますが、栗生弘太郎氏のK&K Worksにある塗料データーベースに投稿した、塗料ついての説明です.

G.スミス.S製の艶銀/渋銀ですが、通常のプラカラーと取り扱いは同じですが、色が異なります. この両方のカラーは元々モデルガン/エアーガンの表面処理の塗料です. 艶銀の色は、光沢のある少し黒めの銀色で、メーカーの話では、クローム/ステンレスシルバーの光沢のある銀色です. 個人的にはクロームのような黒目の銀色に近い気がします. 渋銀は、読んで字のごとく艶のない銀色です. 元々のコンセプトは、ショットブラスト処理と言う金属の表面処理の色の表現するためのカラーなので艶なし銀なのです. ショットブラスト処理とは、金属の表面に砂を吹き付けて細かい傷を不規則に傷つけて光沢を無くす処理の事です.
両方ともスプレーのみで¥4000です. 但し取り扱っている店はガンショップそれもかなりでかい所でないと取り扱っては居ません. ちなみに東京では、高田馬場のアンクル、蒲田のむげん、さくらや新宿ホビー館3階で若干販売していました. 渋銀は余り鉄道模型では必要性がないと思いますが、蒸気機関車の煙室部分などの余り艶のない部分に使えると思いますが、値段が¥4000もするのでタミヤのメタリックグレーでも代用が十分利くので情報として書きました.

Carom製ブラックスチールスプレーは、艶ありの黒なのですが、何故特殊塗料であるかというと塗るものを選ばないという塗料ですからです. メーカーの説明では、”数秒で指触乾燥. 20時間乾燥後は、アルミと同じ高度. 食いつきつは極めて良く剥がすには鑢で削るしかない. ABS,アルミ、真鍮、ジェラルミンとオールマイティー”との事です.
モデルガンで一回使ったことがありましたが、確かに金属だろうがプラだろうが問題なかったです. その上、塗装後完全乾燥してしまえば、オイルなどにも全く問題無し. プラ派としては、蒸気機関車ならば、プライマー兼塗装になりますし、その他ならばプライマーとして使えます. 但し必ず一発本番ではなく他の者で試してから使用してください. 何故ならば、シンナープールが一切利かないので塗装失敗=廃車です. スプレーのみで¥2800上記艶銀/渋銀と同じくガンショップで扱っています.

メディコム・スパーブライトプラスはご存知の方も居ると思いますが、最高のシルバーを表現できるカラーです. 吹き付けたときは、マッドアルミですが、乾燥後表面研磨によりアルミの輝きになります. 何でもこの塗料は、成分にアルミ粉が入っている為にアルミの輝きがでるそうです.
乾燥時間は説明書では24時間と書いて有りますが、夏場で2日以上冬場では1週間以上乾燥させたほうが良いと思います. その後1200番位のの耐水ペーパーで磨き2000番くらいまで磨き(タミヤのフィニッシュペーパーがベスト)その後コンパウンドで仕上げると本当にこれは、プラスチックか?と問いたくなるような色が出来ます.
スプレーで¥3700で大きめな模型やで売っています. ちなみに東急ハンズ、ロフトでも売っています. スプレーを散布するとき沈殿しやすいので、100回位腕が疲れるまで振ってください.

同じくメディコムのメタルライクスプレーは塗るだけでクロームメタルになる優れものです. 但し表面は余り強いとはいえないので気をつけてください(グンゼのMr.メタルカラーやこすって銀SANよりはまし) スプレーのみで、¥1200大きめな模型店で扱っています.



[331] おまけ Philly_Lee 2001/12/22 19:15:00

剥離について以前メルマのトピになっていましたが、GunShopインディーという所から販売しているABSリムバーというのがあります.
残念ながら私は使ったことはないのですが、どこかでカトー製Nゲージの剥離で使っていた気がします. それでは成功していたのですが. 実際使ってみたことがないから分からないのでおまけです.



[332] あけまして、おめでとうございます 栗生弘太郎 2002/01/01 14:21:35

毎度、当メールマガジンをご愛読いただきまして、有難うございます。このところ、仕事や家庭のドタバタが重なって発行が滞っておりますが、お見限りになりませぬようにお願い申し上げます

さて、昨年の反省として、口先ばかりで私自身のモデリングが進まないという状況に陥り、精神衛生上も悶々たる日々を送ることと相成りましたので、今年は、手を動かすことを第一と考えようと決意を新たにした次第です。
折しも為替相場は円安に振れつつありますから製品価格の高騰は避けられず、大量に抱えたストック品、仕掛品を片っ端から片づけるには良い機会でありましょう。そんなこともあって、年末からラウンドハウス=MDCのカバードホッパーなどを引っ張り出してきて弄り回し始めました。

皆様におかれましても、この2002年が充実した年であることを御祈念申し上げて、新年のご挨拶といたします。



[333] 謹賀新年 シロ/松本浩一 2002/01/01 18:40:59

あけましておめでとうございます。

早速今年の抱負、、、ティンプレートのOゲージだったらデティールの点からして、余り面倒なことをしなくて済みそうなので、なんとか1両くらい、自由形の蒸気機関車でも自作できないかと思っている次第です。史料入手面を考えると、実物を直ぐに見に行くことの出来るポーターの2-6-0(=弁慶号)かピッツバーグの0-6-2(=伊賀鉄道の1号機)辺りのパクリに落ち着きそうです。

10年後のこの掲示板の年頭の書き込みで「10年越しの機関車云々」なんてことを書くハメにならなければ良いのですが、、、。

本年もよろしくお願いいたします。



[334] 明けましておめでとうございます Philly_Lee 2002/01/01 22:14:52

皆さん、明けましておめでとうござします 新参者ですが今年もよろしく. 私は、又日本を離れますがHPは、チェックします. メルマも楽しみにしています



[336] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。 大東孝司 2002/01/05 08:25:40

Bullmoose さん wrote:
> サムホンサのコースティングドライブは何年ごろの製品から採用されているのか、ご存知の方ご教示いただけませんでしょうか?

Coasting drive を開発したのは私です。そのへんのいきさつを知っているのは私だけのようですので、ここでお話しておくのが模型界に役立つように思いました。
3条ウォームによる逆駆動の前に2条による逆駆動の可能性を示唆してくれたのは祖父江欣平氏です。カツミのOゲージのディーゼル用のギアが13:2で給油が十分なときは少し逆駆動するように見えました。
以前からウォームギアの効率計算ばかりしていた私は、捩じり角を大きくすると効率が向上することを確認していましたので、蒸気機関車用のギアセットを設計し効率が85%以上になるようにしました。潤滑の問題は非常に大事で、アメリカ人の飛行機整備士の友人から高級なモリブデングリースを入手し解決しました。ウォームの前後のスラストベアリングの配置も大切です。
試作は大成功で私のFEF-3は1.5%の坂を転がり降り、全効率は70%台を示しました。
直ちに『とれいん』の松本氏に電話して3ページ空けるように要請し、英語と日本語の原稿を仕上げました。現物を見た松本氏は非常に驚き、「世界初」とその掲載を喜びました。
掲載後、祖父江氏がそのギアセットをカツミに見せたところ、カツミの社長は「とれいん」誌に接触しこう言ったそうです。「うちで凄いギアを開発した…。」
要するに下請けが作ったものは自分のものだ、ということです。そこで『とれいん』が「今月号に載っているよ」と見せるとずいぶん当惑していたそうです。
長くなりますので今回はここまで。(以下次号)



[337] 持込で試走出来るお店教えてください N.Yabuhara 2002/01/05 18:21:34

関西ですが、マレー型の大型蒸気を有料でも結構ですので試走出来るお店を教えてください。



[338] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その2 大東孝司 2002/01/05 21:21:24

雑誌を読まずに「自分のところで開発した」などと言ったものでずいぶんバツの悪い思いをしたはずのカツミは、また不可思議な行動に出ました。
1985年の夏にミルウォーキーで行われたNMRAのコンヴェンションに祖父江氏を案内して出かけた私はFEF2と3を展示しました。
非常に多くの人たちから賞賛を得て、MRの本社に招かれたり、『画期的な発明』としてOスケールニューズのインタヴューを受けたりしました。MRには11月号に載りました。
コンヴェンション会場で出会ったカリフォルニアの資本家は、その後カツミとFEF2、3の製造契約を結びました。私は日本の模型業界のレヴェルアップに役に立ったと喜び、好意的に見ておりました。ところがカツミが作ったダイキャストのギアボックスにはPATENT PENDING(特許出願中)とあるのです。再三の抗議にもかかわらず、その文字は削られることはありませんでした。日米の雑誌に載った公知の事実を特許出願したと偽ったのです。あとで判ったことですが実際には出願もしないでいたのでした。
私が特許出願をしなかったのは二つの理由がありました。まず金にならないであろうこと。次に韓国などに盗まれてしまうこと、つまり特許防衛につまらぬ労力を割くより、名前を残し、またノウハウの提供により実利を得たほうが賢明であると判断したのです。
MRの記事として発表されると世界中から問い合わせが殺到しました。一番興味を示したのは韓国のAJINの趙南達社長でした。私はAJINに招かれ技術指導をしました。不思議なことに私が手取り足取りして教えた社員はその次に行くと姿が見えないのです。そんなことが3回ぐらいあってから、ようやく私は気がつきました。彼らは私から得たノウハウを持ってライヴァルのサムホンサに就職したのでした。
しばらくすると押して動くロコがサムホンサから出てきました。アメリカ人の友達が電話を掛けてきて「お前のアイデアは高く売れたのか?」と聞くので「盗まれたんだよ」と言うと「やっぱりな。うまく動かないよ。」と言った。私は100%のノウハウは伝えてなかったのでした。(以下次号)



[339] Re: UPディーゼル機の塗色解説があった! 大東孝司 2002/01/05 21:44:17

栗生弘太郎 さん wrote:
> 先日、UPファンの友人に、UPディーゼル機の塗色を解説したサイトを教えてもらいました。Union Pacific Historical Society(UP歴史協会) http://www.uphs.org/ の正にUnion Pacific Diesel Painting Guide http://www.uphs.org/Dieselpaint.htm という記事です。

このサイトを書いているDon Strack は私の親しい友人です。以前は毎週会っていました。最近会っていないなあ。これを見てmailを送りました。



[340] Broadway_Limited_Importsは…… 栗生弘太郎 2002/01/05 22:22:40

1月4日号(Vol.81)でお伝えしたブロードウェイ・リミテッド・インポーツについて、牛島裕康氏より「ブラスではないのではないか」とメールをいただきました。確かにHPを読んでいくとシャシーがダイキャストとあり、DCCデコーダーと高度なサウンド装置を内蔵しているようですから、この値段ならマスプロ製品の可能性が高いと思います。また、このサウンドですが、読み進んでいくと実物の録音を使う様なことも書いてありますので、型式によって違う音を楽しめるなんてことになるかも知れません。HPからサウンドをダウンロードして試聴することが出来ます。
NYC J1eの発売は5-6月、それにPRR K4s、N&W Jが続くようです。



[341] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その3 大東孝司 2002/01/06 21:53:01

逆駆動できるギアセットとは、結論を言えば効率のよいメカニズムのことです。効率を上げるにはすべてについて徹底的な検討を必要とします。歯数の組み合わせは意外に大切で、『互いに素である』ことの意味は韓国ではあまり理解されていませんでした。うまく動かなかった原因は多分そのあたりでした。歯面の仕上がりはもちろんのこと、高性能なモリブデングリースの必要性やスラストベアリングの装架の手法も理解されませんでした。ただ見かけの形だけは似ているみたいでした。
工学を勉強したと自称する人たちでしたが馬脚を現してしまいました。このあたりはかの国の実力を表しているように思えます。
私のFEF2,3は同じ線路に離して置いて、片方を押すと発電してその電力で他方が動き出します。趙社長は「参った。」と一言。MRのジム・へディガー氏は「最高のデモンストレーションだ。」と賞賛してくれました。
サムホンサは1987年ごろからOゲージをコースティングギアとして発売しました。コースティングギアという命名はアメリカのインポーターの指示によるものだそうです。私はFree to Roll Mechanismとしていました。今でも私は後者の方がよいと思っています。
私はOゲージのみの事しか知りませんので、HOゲージでも発売されているかは全く存じません。教えてください。
私の開発したメカニズムがいろいろな国で製品化されているようです。特許を取らなかったことはよかったと思っています。今でもアメリカに行くとコンベンションで会う見知らぬ人が私の名札を食い入るように見て「ひょっとしてあなたはあのFree to Roll Mechanismの開発者か。」と握手を求めてくる人がいます。
あのメカニズムはMRのおかげでずいぶん広く知れ渡ったものだとあらためて感慨を深くしています。
しかし、日本ではそのメカニズムの存在自身が忘れ去られているようで寂しく思っています。



[342] 牽引力を向上させる方法について 河上賢治 2002/01/06 22:48:44

みなさん、こんにちは。
河上と申します。

私が所有している車輛のうち、客車11両(全てブラス製で、ある列車のフル編成)を機関車1両(これもブラス製)で牽引しようとした場合、客車が重いためか、全く走ることが出来ません。
客車の車輪をベアリング入りのものに換装したり、機関車にウエイトを積んだりしましたが、それでもだめです。

そこで、客車1〜2両にモーターを積んでみたらどうかと考えてみました。上記のブラス製客車を改造することはしたくありませんので、荷物車を増結するイメージで考えています。

そこで皆様にお伺いしたいのですが、客車にモーターを積むということをされた方はいらっしゃいますか。
その場合のノウハウなどがあればお教え下さい。
よろしくお願いします。



[343] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その4(最終章) 大東孝司 2002/01/07 21:56:44

私は名古屋模型鉄道クラブ(ナモテクというのはかなり古い人)の会員です。1984年末に開かれた例会に試作機のFEF-3を持っていき皆に披露しました。押して動くというのは珍しいから注目されるのを期待していたのに、そこに居合わせた全員が「ギアを外して来たんだろ」と言いました。そこでライトのスイッチを入れると押したとき明々と灯るではありませんか。皆とても驚き、「スパーかべヴェル・ギアだろう」というところで落ち着きました。ばらして見せると少数の工学系の会員が「ウォームは逆駆動し得る」と解説を始めましたが、少しの勾配で転がり降りるのにはいささか驚いたようです。
ウォームが逆駆動できないという『刷り込み』は、TMS(これをテモシュと呼ぶ人はすでに生きた化石だそうです)に多分の責任があるように思います。山崎喜陽氏は自称工学者ですが、古いTMSを読み返すと基礎的事項にかなりの間違いが散見されます。私は理学畑の人間でいわゆる工学的知識の持ち合わせは少ないのです。しかし本に書いてあることを信用せず、基礎概念のみから演繹することが性になっています。すなわち先入感がほとんどないに等しいのです。だからこそ開発に成功できたのだと思います。
山崎氏は『とれいん』誌に載った記事を見て、名古屋鉄道模型クラブの会長だった荒井友光氏を責め立て、「どうして先に知らせなかったのだ。あれは戦後模型界最大の発明だったのに。」と悔しがったそうです。後で聞いた話では、10ページの特集を組み、MRと同時発表をしたかったらしいのです。どうも山崎氏はMRと仲がよいということを吹聴したいのですが、先方に聞いてみると案外そうでもないようです。
よほど悔しかったと見えて、押して動く話はTMSにはほとんど出てきませんでした。しかし井上豊氏の双方向クラッチの記事が出ると「こっちの方がいい」と触れて歩いていたようです。HOでは動輪径が小さく軸重も小さいのでモータの静止摩擦からの脱出トルクに打ち勝つことが難しいということもあります。井上氏は私の大先輩であり高校生時分から親しく教えて戴いておりました。
実を言うとあの双方向クラッチは祖父江欣平氏の発案なのです。1982年ごろ、祖父江氏から「TMSの2号に載ってるのを作ったから何か機関車を送れ。付けてやるよ。レイアウトでテストしてくれ。」と連絡が入りました。早速ビッグ・ボーイを送ると素晴らしいメカニズムが搭載されて返ってきました。押したとき軽く動くのは良いのですが、レイアウトの上では重量列車を牽いていると慣性のためコントロールが困難になるときがあります。下り坂では大変困りました。それを知らせるとずいぶんがっかりしていました。そしてそのままお蔵入りになってしまったのです。そして三条ウォームの開発に成功したわけです。
1987年頃、たまたま井上氏を乗せて祖父江氏宅に遊びに行ったところ、井上氏が双方向クラッチに目を留め、「これを出せばヤマ氏が喜ぶ」と祖父江氏に諒解をもらって出稿したのでした。井上氏は対抗案を出すように、かなり山崎氏に尻をつっつかれていたのでした。
この双方向クラッチはTMS2号が最初ではないことはお知らせしておかねばなりません。戦前三菱の電気技師であった父が、陸軍の手回し発電機に同様のものがあったことを教えてくれました。弾み車が付いていて右左どちらにも廻せるものではあったが、使いにくいものだったそうです。
『とれいん』123号にFEF-2,3が掲載されると、すぐ京王帝都電鉄の合葉博治氏から電話があり、至急会いたいとのこと。京王プラザホテルでご馳走になりながら氏は熱弁を振るい、「大東さん、あなたはどういうつもりであの記事を書いたのかは判らんが、あれは鉄道模型界最初にしておそらく最後の工学博士論文だよ。すばらしい論文だった。うちの社員であれだけ書ける奴はいない。」と激賞してくださった。「山崎氏には話をつけてやるから近いうちに会いなさい。」と仰ってくださったのに、まもなく病に倒れられてもうお話することが出来なくなってしまいました。残念なことでした。
〈この稿を終えるにあたって>
私はいつもあることを考えています。鉄道模型の魅力ってなんだろう。デザイン、歴史・地理・経済的背景を考えて楽しむことなどすべてを取り除いて裸にすると、それはメカニズムの美しさではないでしょうか。
正しいメカニズムを再現している模型を見ると、ドキリとするのは
私だけではありますまい。機能はそれ自身が美であると私は考えています。
長い話にお付き合いいただいてありがとうございました。



[344] Re: 牽引力を向上させる方法について Elton_John 2002/01/10 09:21:46

河上さん、
ブラスモデルというとHOですね。私がやっているのは主としてNスケールなので殆ど参考にはならないでしょうが:
Nの蒸気機関車は(Big Boy等の例外を除き)特に非力なのでヘルパーの存在は不可欠(?)です。対策としては、G社にMCBトラック(日本名でいうとDT11だったと記憶)をはいたモーターシャシがあるのでそれにBaggageないしRPOの車体を被せています。ノウハウと言うほどの事はありませんが、Headend Carの名称どおりに機関車のすぐ後ろに連結した方が良いようです。後方に連結すると曲線部分や勾配の入り口等で編成が折れ曲がって脱線しやすいのです(恐らく実物でも同様でしょう)。



[345] Re: Coasting_Driveはいつから採用されているのか教えてください。その4(最終章) Elton_John 2002/01/11 15:52:27

今日は、楽しく拝読しました。
総てを引用するとあまりに長大なので印象的な部分のみとしましたが、「やっぱり」と言う感じですね。



[346] Re: 牽引力を向上させる方法について 大東孝司 2002/01/13 01:12:59

河上賢治 さん wrote:

> 客車の車輪をベアリング入りのものに換装したり、機関車にウエイト
> を積んだりしましたが、それでもだめです。

機関車1両で客車10両を引けないというのは客車の台車の性能が悪い以外ありません。ボール・ベアリングを入れればパシでも30両以上引きます。どんなボールベアリングを使われたのでしょうか。ボール・ベアリングが入っている「ことになっている」ような車輪をつかまされたのなら突っ返すべきです。たとえ転がりが良いとしても、集電ブラシがブレーキを掛けていることはありませんか。ブラシは最も回転半径の小さいところに掛けるべきです。また軟らかいグリースを塗ることです。
0.3%の坂を下り降りないようだったら不合格です。

以上の意見は『平坦線』での話で「5%の坂を登らない」という場合は
想定していません。



[347] HO客車のナックルカプラー S.Nagahama 2002/01/16 12:45:22

ひさしぶりに書き込ませていただきます。
悩み、というか質問なのですが、HOのプラ製85フィート客車(コンコー、リバロッシ、IHC)のカプラーを、製品付属のホーンフックからナックルタイプに変える場合、少なくとも以下の3つの方法があると思うのですが、どれがベストなのでしょうか。

●ケーディーの508番(台車マウント型)
●マクヘンリーのワンタッチで交換できるタイプ
●JAY beeの「カプラーパッド」なるもの(ボディマウントにするための製品のようです)を介してナックルタイプに改造

私としては、以下のような条件を満たしたいと考えています。
●台車は基本的に製品に付いている物を使用
●連結間隔が狭まる
●R610程度のカーブが通過可能
●異なるメーカー(例えばリバロッシ+コンコー+IHC)の客車をつないでも、連結間隔が均等になる。

といったところなのですが、良い選択を御存知でしたら教えていただけないでしょうか。



[349] Re: DCCについて N.Yabuhara 2002/01/16 20:16:34

固定レイアウトでDCCで操作する予定です。特にサウンドで原音に近いサウンドを出したいことを含めてお薦めのDCC装置で揃えたいので情報をお願い致します。
今所有している大型蒸気機関車の音です。それぞれの機関車に応じた音を出すことが夢ですね。



[350] 銀座イエナ洋書が閉店! 栗生弘太郎 2002/01/16 23:21:39

今朝16日の日経に、イエナ洋書店が明日1月17日、閉店するということで、店長が一文を寄せられていました。
西山洋書がまだ無かった大昔、東京出張といえば必ず覗いていたものです。1987年だったと思いますが、我が最初のBN本「The Green Machines」を入手出来たときには、感激しました。今書棚からその本を取りだしてみると、未だに買ったときのままのハトロン紙カバーが掛かっています。7,260円の値札には「JENA 571-2980」とあり、多分電話番号を表す局番が3桁であるのも時代を物語っています。
世の中の仕組みが刻々と変わっていくことを実感させられますね。



[351] 関西で試走出来るお店は…… 栗生弘太郎 2002/01/21 21:34:39

N.Yabuharaさん、残念ながら関西で、有料にしろ無料にしろ、持ち込んで運転出来る場所というものは無いようですね。東京や名古屋では聞いたことがありますが、何か土地柄があるのでしょうか (^^;

ところで、連接式の大型蒸機が通過出来る曲線半径はどれくらいなのでしょうか? それと曲線部分の複線間隔とか、最小の通過ポイント番数とかは判りますか?

やはり、持っているだけでは面白くありませんよね。私も小判形でもいいので何かデッチ上げたいと思っているのですが……



[352] Re: 関西で試走出来るお店は…… N.Yabuhara 2002/01/21 22:36:41

栗生弘太郎さん情報をありがとうございます。結局レイアウトの土台になる台の大きさが1.8×2.7メートルに少し小さくなりました。部屋の中に取り込みするのに一杯のサイズです。914mmはあきらめ半径864ミリと内側は813にする予定が余裕みて内側はフレキシブルを使うことにしました。篠原商店に聞いたら60mmくらいあれば大丈夫らしいですが、100くらいで試してみます。まだまだ進みませんがわかりましたら結果を報告致します。



[353] GP-7の台車軸箱の形について教えてください 大東孝司 2002/01/22 10:40:25

GP-7の初期型や、SPのDD35などの軸箱が丸型ではなく角型になっているものがあります。このあたりのいきさつについてご存知の方教えてください。丸形には過熱を知らせる爆竹様のものが挿してあったそうですが、角型の構造が今ひとつ良く分かりません。しかも一つの台車に二種の軸箱をつける理由も不明です。



[354] HO客車のボディマウント化 栗生弘太郎 2002/01/22 23:02:50

S.Nagahamaさんから、客車のカプラーについてのご相談が出ていますが、当方にもバックマンやIHC、コンコーの製品が転がっていますので、本当は大いに関心のあるところです。もちろん、これらは“BN”色への改造ネタのつもりで、このまま走らすつもりは毛頭、無いものです。

問題は、台車マウントになっているところですけれど、同時に所有している幾ばくかのブラス製客車は皆、単純なボディマウントですから、プラスチック製品の方だけ工夫しても余り価値がないので、何時になるか判りませんが、こちらもプラスチックのブロックか何かを接着して同じ方式に改造しようと私は考えています。ヨーロッパ型やカトーには短縮タイプがあるようですが、面倒だったり複雑なものは避けたいという思いがあり、ケイディの長柄タイプを使えば、ソコソコ走るのではないかと考えています。

ところで、お話にあるJay-Bee社の“Coupler Mount Pads”ですけれど、ウォルサーズHOカタログ2002年版で言えば、287ページに出ているやつですよねぇ。まあ値段が3ドルちょっとで3両分というのですから、大した構造のものではなくて、単なるブロックである可能性は大いにあるような気がします。

私自身は、それほど走らせることに興味がないので、現実にカプラーマウントが脱線しやすいかどうかを知らないのですが、理屈的には余り安心して見ていられるものではないと思っています。それにしてはティンプレートやNゲージの世界では一般的な構造なのですけれど……

以上、ご相談のお答えというよりも、当方の貧弱な見解を御披露させていただきました
(^^;



[355] Re: HO客車のボディマウント化 松尾よしたか 2002/01/22 23:33:11

Jay-Beeのパッド、私はアサーン客車用を使ったことがありますが、位置決めが一発で出来、大いに使える品物です。Longsの通販でかなり安く買ったと記憶しています。



[356] Re: HO客車のボディマウント化 S.Nagahama 2002/01/23 15:02:03

栗生様、松尾様、情報ありがとうございました。
まずはJay-Beeのパッド、試験的に1セットほど購入してみようと思います。ケーディーの508番も試したのですが、こちらは製品によっては台車のパーツを一部削ったりしなければならないので、両数が増えると苦労が伴いそうです。



[357] Re: HO客車のボディマウント化 加藤剛 2002/01/23 17:51:11

Nagahanmaさん、初めまして。
私も同様の問題をかかえています。
是非、テストの結果をここで発表して頂けたらと思います。



[358] Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 栗生弘太郎 2002/01/23 21:35:34

松尾よしたかさんは、Jay-Beeのカプラー・マウント・パッドを使ったことがあるとのこと。流石ですね。恐れ入りました
ところで、このパーツ自体の材質は何なのですか?
プラスチックだと楽なのですけれど……

私は、A-Line社が発売するアサーン85'フラットカー用のウェイト・セットなるものを使ったことがあります。正に首振り式のカプラーを固定のケイディにコンバートし、かつウェイトとなる品物で、取り付けたところ、思いの外、走行安定性が増した経験があります。ただ、接着に多量のエポキシを使うなどという苦労がありましたけれど……



[359] 変なもの!を見つけました 栗生弘太郎 2002/01/23 21:50:40

大東孝司さんが軸箱に爆竹がどうのこうのとお書きになっていたものですから、気になっていたのですが、ヘンテコリンなものを見つけました。

ウォルサーズHOカタログ2002年版で言えば286ページで、Custom Finishingというメーカーの“Decelostat Caps”なるパーツです。軸箱のフタに被せるものの様ですので、単なる“速度計”なのかも知れませんが、この単語が私の辞書には出ていません。

“大外れ”の可能性大とはいうものの、枯れ木も山の賑わいということで、お許しください



[360] Re: 変なもの! 大東孝司 2002/01/23 23:22:22

多分その部品は加速度検出器で空転防止用のものです。私はそのカタログを見ておりませんので、その語感のみから推察するものであります。
多分皆さんはご存知かとは思いますが,
http://gelwood.railfan.net/manual/gp9-sec1.html をご覧になるとGP‐9の運転マニュアルが出てきます。その145項をご覧になると臭いのする爆竹を挿す穴とか温度計をつける場所とかが読み取れます。
問題は角型というか外側に向けて斜めに下がった蓋をしたタイプの構造です。まさか摩擦軸受ということはないと思いますが…。それにしても一つの台車に二種の軸受けとは理解に苦しんでいます。

運転マニュアルといえば3ユニットタービンのマニュアルを持っています。現物もあるはずなのですがとりあえずコピーは見つけました。近代機のマニュアルもあります。



[361] Re: Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 松尾よしたか 2002/01/23 23:42:42

プラです(アサ―ン客車用のものしか現物を見ていませんが、他も同様でしょう)。カプラー取り付けネジ用の下穴が開いていて、これに合ったサイズのネジが付属していて、そのままセルフタッピングで取り付け出来ます。KD-508をリバロッシ客車に使ったこともありますが、オリジナルのカプラー腕をカットし、ネジ穴を開けるといった加工が必要で、輌数をまとめてやるのは面倒です。
あと、客車の車間を詰めたら、American Limitedの稼動ダイアフラム(貫通幌)も効果絶大です。ちょっと手間がかかりますが、伸縮してカーブでも密着する幌です。リバロッシ客車用もあったと思います。



[362] Re: 変なもの 大東孝司 2002/01/24 21:05:36

Decelostatとは何かが分かりました。1980年版のカー・アンド・ロコサイクロをみたら載ってました。WABCOという会社、多分ウェスティング・ハウスだと思いますが、そこの登録商標になっています。やはり自動車で言えばABSみたいなもので滑走防止機能のデバイスでした。

運転マニュアルといえばDASH-8のマニュアルがみつかりましたが、中は漫画が沢山使われていて文字はすごく少なく時代の流れを感じさせます。戦前の蒸気の時代のマニュアルの難しさとは比較すら出来ません。UPの5000,7000の時代のマニュアルと見比べてため息をつきました。タービンのマニュアルはその中間でしょうか。
20年ほど昔、この種のマニュアルが入手できた頃あまり熱心には読まなかったのですが、今になってその価値が判り始めました。



[363] Re: 変なもの 栗生弘太郎 2002/01/24 21:48:36

大東孝司さん、わざわざお調べいただきありがとうございました。
それにしても、GP7の時代にABSとは恐れ入りますね。
また、雑学のネタが一つ増えました。



[364] Re: Jay-Beeパッドの材質は何ですか? 栗生弘太郎 2002/01/24 21:51:34

松尾彦孝さん、御教示ありがとうございます。
そういえば、アサーンの客車も在庫していて、ウェイトの取付や車体の傾きを一体どうしたものかと悩んで放ってありました。

私も一度、Jay-Beeを注文してみようという気になってきました (^^)



[365] アムトラックに広告客車登場! 栗生弘太郎 2002/01/24 21:56:35

今日24日の日経夕刊に、サイドにYahooの広告が描かれたアムトラック・カリフォルニアと思われる2階建て客車の写真が出ていました。
これはモデルに美味しいネタでしょう。背後に形態的に特徴のある跨線橋が写っていますから、あるいは撮影場所をご存じの方がおられるかも知れません。



[366] Re: 変なもの 大東孝司 2002/01/24 22:26:23

栗生弘太郎 さん wrote:
> それにしても、GP7の時代にABSとは恐れ入りますね。

WALTHERSの広告にはGP-7の部品として載っているのですか。多分それはレトロ・フィットであり、ロールアウトした当時それが付いていた訳ではないのでは…、と感じました。

それとマニュアルを見て驚いたのは、GP-7の時代、トラクション・モータには電車と同じようなブロワー・ファンが付いているのですね。ブロワー・モータがないということは音は素直なものでしょう。日本のDD51と似た音かも知れません。また出発時の砂塵を巻き上げる光景もなかったわけですね。DDA40Xではブロワーが作動すると小石が飛ぶぐらいの風量がありました。



[367] Re: 銀座イエナ洋書が閉店! Elton_John 2002/01/28 09:45:38

時代の流れなのでしょうかね。そういえばキンタロウという玩具屋もなくなって久しいですね。イエナの近くの近藤書店はまだあったかな?



[368] 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/01/28 22:24:53

機関車ばかり調べて貨車のことがまだ良くわかりませんので勉強したいのです。1940から1950年代にたくさんあった鉄道会社のそれぞれの貨車は他の鉄道会社の名前が入った貨車も混載していたのでしょうか?完全に別れていたのでしょうか?貨車で参考になる資料はありませんか?



[369] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 S.Nagahama 2002/01/28 22:49:10

確かに貨車は種類がありすぎて全貌を把握しずらいジャンルですね。

東京・巣鴨の模型店「さかつう」が刊行している雑誌「ポップ・アメリカンモデラー」第二号に、1940〜50年代の貨物列車をNゲージで再現するためのポイントが紹介されています。これはかなりおすすめです。

基本的に貨車は混在です。たとえばUPやATSFなど西部の鉄道会社の貨車がPRRやNYCといった東部の鉄道に乗り入れることが当たり前に行われていたので、いろいろな鉄道会社のカラーが混在する楽しい光景が見られたようですね。

ただし、各鉄道会社自慢の特急貨物※(国鉄が走らせていた「急行便」に相当)は、例外もあるようですがそれら専用のボックスカー編成で走らせるのが正しいようです。

※NYCの「ペースメーカー」
B&Oの「タイムセーバー」
SPの「オーバーナイト」など



[370] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 栗生弘太郎 2002/01/29 00:46:30

N.Yabuharaさん、トレイン誌の1993年10月号はご覧になりましたか?
多分、日本語で書かれた唯一のボックスカー解説と思われる記事が2つもあります。

一つは、「こだわりのボックス・カー5輛 改造始末記」
もう一つは、「Box CarのABC 今世紀前半のボックスカーを観察する」です。

特に、後者はPS-1までカバーしていますから、ご主旨にピッタリだと存じます。

さらにこの号には、「こうやって楽しんでいます私のアメリカ型」、「フォーティナイナーとUP7002」、「ワシントン ユニオン駅での2時間」、「なんてたってアメリカ型」などもありますから、探して入手する価値は大いにあります。

さりげなく手前味噌も潜り込ませてしまいました (^^;



[371] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 檜山和明 2002/01/29 07:52:46

栗生弘太郎 さん wrote:
> N.Yabuharaさん、トレイン誌の1993年10月号はご覧になりましたか?
> 多分、日本語で書かれた唯一のボックスカー解説と思われる記事が2つもあります。

この号は本当に参考になりました。ボックスカーのABCが解説されています。

あとは時代がちょっと新目ですが、TMS1989年9月号にもボックスカーを中心とした列車の加工記事が載っています。
かなりマニアックな内容で非常に参考になります。

こちらのサイトにはアサーン、ラウンドハウスを中心とした50年代のボックスカーの画像がたくさんあります。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Toys/9237/index.html
思いっきり手前味噌ですが・・・。(笑)

あと、貨車の勉強に欠かせないのがMorning Sun Booksから刊行されているColor guide to Freight and Passenger Equipmentシリーズです。これを買うと病がますます重くなること必至の楽しい写真集です。

では、失礼します。



[372] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/01/30 08:33:34

S.Nagahama様 栗生弘太郎様 檜山和明様 情報をありがとうございます。随分参考になりました。紹介していただいた、それぞれの書籍は昨日全て発注しました(笑)今から楽しみにしています。私は今のところ何処のサークルにも属していません。アメリカ型鉄道模型情報と書籍などが情報源です。今後とも宜しくお願い致します。



[373] Re: 牽引力を向上させる方法について 大東孝司 2002/02/02 21:33:09

河上賢治 さん wrote:
> 客車の車輪をベアリング入りのものに換装したり…。

そのベアリング入り車輪と言うのはひょっとして○○ローラーとか言う製品ではありませんか。先日友達に見せてもらいましたがずいぶんひどい製品だと感じました。12軸のうちまずまずだったのは2軸であとはジャラジャラと音がします。音がするということは全くダメということです。
いっそのこと本物のボール・ベアリング入り車輪を作ったらどうでしょう。200個も買えば外形5ミリ内径2ミリのベアリングは単価百円強で買えます。車輪部分をNC旋盤を持っている挽きもの屋で作ってもらえばよいのです。今は不景気なので安いはずです。2,3軒回れば相場がつかめます。快削のステンレスで作ればメッキもいりません。左右の車輪が別々に回るようにすると急カーヴでの抵抗が格段に減ります。私はOゲージでやってみましたがさほど剛性も問題になりませんでした。HOなら全く問題ないはずです。但しフランジの形に注意しないと引っかかって脱線しやすくなります。NMRAのRP25の形はフランジ角が事実上ないので感心しません。適度のフィレットを付け、フランジ角を65度ぐらいにするときわめて脱線しにくい車輪になります。脱線抗力というのはフランジ高さではなく角度の関数です。したがって高さは作図すると自然に決まります。左右独立なんて嫌だと仰るなら適当な方法で繋げばよいのです。
私は前述のコンターを持つ車輪を12000軸作り日米で友達に分けました。低抵抗車輪としてデファクト・スタンダードになっています。このメルマガの読者で共同してHO用の車輪を作ればいかがですか。資料は提供します。
抵抗の少ないことは鉄道の魅力の一つです。慣性のある動きをするので運転が楽しくなります。下り坂ではダイナミック・ブレーキの必要性を感じさせます。いわゆる『トイ・トレイン』とは異なる範疇での『模型』の面白さを感じることが出来ます。



[374] 問題の車輪について shibata 2002/02/04 01:50:34

はじめまして
未だOゲージクラスに踏み込めずにいる、HOクラスすら持てずにいる者で生意気なことを申し上げることになるのかも知れませんが失礼します

国内の模型雑誌を見ていると、国内型蒸気機関車でも例の○○ローラー付であれば貨車(石炭用ホッパー)数十両牽けるようです。国内製品にまがい物にも等しいようなものがままにあることは承知しておりますが、○○ローラーについてはそれなりの効果は何とかあるようです。
客車10両の牽引すらままならないというと、あまりにも酷すぎる気がします。駆動関係のギヤのかみ合いなどに寄る分の方が大きいのではと思います。再整備をされてみてはいかがでしょうか



[375] Re: 問題の車輪について 大東孝司 2002/02/04 09:45:07

shibata さん wrote:
> 国内の模型雑誌を見ていると、国内型蒸気機関車でも例の○○ローラー付であれば貨車(石炭用ホッパー)数十両牽けるようです。

ここが問題なのです。雑誌に書いてあることと現実に起きていることの差に気がつかねばなりません。調べるのは簡単です。一両ずつ斜面において転がり始める傾きを測定します。昔からある台車(プレーン)で1.5%以内で動きます。適量の注油のあるピボット台車では0.6パーセントぐらいで動き出すものなのです。それを上回るようなら一体何なのか。ということです。「ピボットに注油してはいけない」などと怪しげなことを書いている雑誌がいまだにあるようですが、だまされてはいけません。軸受けには注油が必要です。
雑誌に書いてあることを信用することは危険です。自分で簡単に確かめられることはやってみるべきでしょう。

> 客車10両の牽引すらままならないというと、あまりにも酷すぎる気がします。駆動関係のギヤのかみ合いなどに寄る分の方が大きいのではと思います。再整備をされてみてはいかがでしょうか

牽引力は動輪上の重量に比例します。かみ合いは効率の問題ですからここでは関係ないはずです。とにかく引かれる車両の責任なのです。



[376] ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/04 23:13:45

ペンシーのカブースN5Cを組み立て中です。えび茶色の具合が実に微妙なので、フロッキル等の既製品を用いたいのですが、残念ながら品名(色の名前)がわかりません。 どなたか教えてください。



[377] Re: 問題の車輪について shibata 2002/02/04 23:45:00

はい。ただ私としては“効率が悪い”のではなくて“そもそも単機でも走らない”のではないかという気がしてなりません。普通そうであれば何かを牽かせようとは思わないでしょうが…
本来、編成として走れるのかどうかは当然に後ろの車両の責任であるとはよく承知しているつもりです。

問題の車輪のことですが、出来不出来の差が相当激しい製品のようです。ベアリングの効果が出ているものは半分あるとかないとか。自分で選別を行えば長大編成の牽引も可能になる代わりに下手をすると逆効果になりかねないものだそうです。



[378] Re: 問題の車輪について yardbird/岸本 2002/02/05 02:50:16

その「問題の車輪」の現物を手にしていませんので下手なことは言えませんが、ベアリング屋から見て相当ラフな扱い方をされているのではないかと。
これはつまり、軸、或いはハウジングの精度、あるいは圧入方法に問題があると思います。
模型に使われるミニチュアベアリングは、軌道輪の肉厚も薄いので、いいかげんに扱えば、真円度も狂いますし、同然回転抵抗もべらぼうに増えます。

大して値の張る部品ではありませんが、ベアリング屋から見ればやはり「精密機械部品」として扱っていただければと思います。

それにしても、あのベアリング入り車輪は高いですねぇ(爆)



[379] Re: 問題の車輪について 大東孝司 2002/02/05 08:18:33

私が見た限りではこの製品はボール・ベアリングの要件を備えていません。まずリテーナーがない。ということは玉同士が擦れあっている。次にアウタ・レースが怪しげな旋盤でざっと挽いただけ。しかもプラスチックのようにも見える。もともと工業製品としてのボール・ベアリングではないので性能は望むべくもない。走らせるとゴロゴロします。
つまり車両の重心が微妙に上下するので引っかかると動き出せない。
製造元は苦労している割に性能の良くないものをつくっていることになります。本物を使うべきですよね



[381] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 檜山和明 2002/02/05 16:30:30

以前アメリカの本屋さんに発注しておいた本が今日届きました。
その中の1冊が非常に参考になるのでご紹介します。
CLASSIC FREIGHT CARS Vol.7: More 40ft. Boxcars By HENRY MAYWALD
です。各社の40ftボックスカーがロードネーム(アルファベット順)に紹介されています。ロードネームごとに1〜3種類の写真が出ています。何しろ40ftボックスカーですから、撮影日が新しくとも50年代までに製造された車輌がほとんどです。
この本とチャンプ・デカールから出ているレタリング・プラン・ブックを組み合わせると、市販されていないロードネームの貨車もおおむね物に出来ると思います。

では。



[382] Re: 貨車(boxcar)について知りたいのです。 N.Yabuhara 2002/02/05 21:28:25

檜山和明様 再度情報をありがとうございます。まったく偶然ですが
教えていただいた本が今日到着しました。UP Color Guide to Freight and Passenger Equipment です。大きな図鑑のようにしっかりした本で随分昔の写真なのにオールカラーでしかも鮮明なのに驚きました。他の鉄道会社の姉妹版があるようなのでまた購入しようかと思います。申し込みは国内の他の本も同時に注文したのに海外のこの本の方が早かったです(笑)檜山様これからは貨車にのめりこんで行きそうです(爆)ありがとうございました。



[383] Re: ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/06 18:57:08

ペンシーのカブースN5の作例がメインライン・モデラー誌1995年12月号に有り、「freight car color」を塗ったとあるのですが、残念ながら私の語学力ではこの塗料がどのメーカーの製品かわかりません。どなたか心当たりのある方が居られましたら、教えてください。



[384] Re: ペンシーカブースN5の色 檜山和明 2002/02/06 20:11:09

こんばんは。

山田豊 さん wrote:
> ペンシーのカブースN5の作例がメインラインモデラー1995年12月号に有り、「freight car color」を塗ったとあるのですが、

この「freight car color」というのはPRRに限らず貨車の色全般を示す言葉で、一般的にボックスカーレッドやタスカンの事をこういいます。
油性のフロッキルの場合は#11074 Box Car Red や#11025 Tuscan Red がこれに相当します。

さてここからがPRRファンの悩みです。
山田さんは最初の投稿で「えび茶色の具合が実に微妙なので」と書かれていらっしゃいます。すなわちPRRのキャビンカーの色が一般のBoxcar Redとは違うと認識されていらっしゃるのでは?と思いました。

私は油性のフロッキルは使った事がないので、上記の塗料を塗るとどういう仕上がりに成るのか判りません。でもこれだけは言えます。PRRの貨車の色は一般のBoxcar RedやTuscanとは違います。

1931年から1954年のいわゆる「サークル・キーストン」の時代にはキャビンカーも含めてかなり明るい茶色です。極端な言い方をするとオレンジ色の濃い感じです。HO製品で言うとAccurailやBowserの貨車が一番近い感じを表現していると思います。
私はこの色を再現するのにだいぶ悩みましたが、Model Flexの#1614 Light Tuscan Oxide が「一番似ている」という結論に達しました。
何しろ実物を写真でしか見た事がないので「いくらか明るすぎるのでは?」とちょっと自信が無かったのです。ところがアメリカのメーリングリスト「PRR Talk」で最近回ってきたメールに、「PRRのFreight Car Color REDにはモデルフレックスのライトタスカンオキサイドが最適であると思う」と書かれていたのです。アメリカ人でも私と同じ事を考える人がいるのかと、自身を深めた次第です。

1954年から1961年のいわゆる「シャドウ・キーストン」時代になると今度はかなり赤っぽい感じがします。山田さんの書かれていらっしゃった「えび茶色」はこれのことではないでしょうか?
この色についてはまだ勉強不足で、市販の塗料ではこの色に行き当たりません。上記のLight Tuscan Oxide にCaboose Redでも混ぜれば近いものになるかもしれないのですが、私はまだ試していません。ちなみにHO製品ではBowserのN5やN5Cがいい色をしています。

なお1961年以降のキャビンカーにはかなり明るいオレンジ色のものがありますが、これはFocal Orangeという塗色で、1954年以前の物とはぜんぜん違い、まったくのオレンジ色です。

ちなみに、PRRではカブースのことを「キャビンカー(Cabin Car)」と言います。

長々と書いた割には結論が出なくて申し訳ないですがご参考になれば幸いです。良い「えび茶色」が出来たら教えてください。(^^)

*レスがなかなか書けなかったのは上記のように私自身が「えび茶色」で悩んでいるからで、上手く説明できないなとあきらめていたからでした。

長文失礼しました。では。



[385] Re: ペンシーカブースN5の色 山田豊 2002/02/07 00:19:52

檜山和明 さん こんばんは。
大変丁寧な説明で良くわかりました。ありがとうございました。本当に感謝しています。
私が、PRRのキャビンカーの色が一般のBoxcar Redとは違うと認識している事も、私の塗りたい「えび茶」が「シャドウ・キーストン」時代のかなり赤っぽい感じのものであることも、すべてご推察のとおりです。
そのものズバリの色が市販されていないのは残念ですが、檜山さんのご指摘を参考にして、Model Flexの#1614 Light Tuscan Oxide とCaboose Redを混ぜる方向でチャレンジしてみます。 ありがとうございました。 どうぞこれからもよろしくお願いします。



[386] アンケート不具合のお詫び 栗生弘太郎 2002/02/14 00:39:57

2月13日に配信したVol.92の中で実施した2つのアンケートの内、2つ目の「アメ情的 Model of the Year HOゲージの部」が投票出来ない状態となっています。現在、問い合わせ中ですので、今暫くお待ちください。なお、1つ目の「Nゲージの部」は動いておりますので、御投票をお願いいたします。取り急ぎ、お詫びまで



[387] Re: アンケートは何とか復旧しました 栗生弘太郎 2002/02/14 22:45:08

アメ情的モデル・オブ・ザ・イヤーにおきましては、HOゲージの部がトラブルで御迷惑をお掛けしてしまい、まことに申し訳ありませんでした。ここに復旧しましたので、御報告いたします。2月14日号で投票いただける様になっております。

一方、Nゲージ部門の方も、コメントが変な形になっております。しかし、既に投票が開始しておりますので、このまま行かせていただこうと存じます。まことに恐縮ですがお許しください。



[388] 社史についての興味 栗生弘太郎 2002/02/16 14:14:57

アメリカ型の話ではないのですが、昨日2月15日の日経朝刊に、日本で刊行された「社史」を研究した話が載っていました。曰く、我が国で一番最初に出たものは1900年の「東京市街鉄道企業来歴」と1901年の「大阪鉄道略歴」辺りだろうとのことで、鉄道関係であったことを無性に嬉しく思います。その伝統に則るのでしょうか、私鉄の社史はどれも皆立派で大変魅力があり、私も一時、探し回っていたことがありました。

ところで、アメリカの各鉄道についてファンの書いた歴史は、それこそ綺羅星のごとく存在しています。それに対して鉄道自体が編纂した社史というものはあるのでしょうか。私が関心を持っているバーリントン・ノーザン鉄道BNに関しては、その存在を知りません。Annual Reportなる名前で毎年出ていたリーフレットは、株主向けの業績報告書である様な気がします。
BNに限らず、各鉄道の社史について、何かご存知の方がおられましたら、お教えいただきたく、お願い申し上げます。

なお、日経のこの記事に拠れば、村橋勝子さんという方の手になる「社史の研究」という本が来月、出版されるそうです。



[389] バックマンから機関車トーマス 栗生弘太郎 2002/02/17 22:56:06

バックマン社のサイトhttp://www.bachmanntrains.com/に2月15日付け最新ニュースがリリースされ、その中に「トーマスと仲間たち」のHOゲージ製品を今夏に発売とありました。今までNではトミー、HO(OO!)ではホーンビィから供給されていたと思いますが、これでまた新たな展開が期待出来そうです。



[390] Re: バックマンから機関車トーマス S.Nagahama 2002/02/19 12:20:14

そうですか。ホーンビーとの差別化をどうするかを考えると、「HOサイズ」というところがポイントになるのでしょう。
これをきっかけに、HOサイズの英国型が続々登場、ということになれば面白いと思います。
日本型とアメリカ型をミックスしたようなデザインが多い英国型の車両には親しみを感じます。
そういえば、ずっと「MADE IN GREAT BRITAIN(ENGLANDでしたっけ?)」の伝統を守って来たホーンビーも、ついに生産拠点を中国に移したようですね。



[391] Re: バックマンから機関車トーマス シロ/松本浩一 2002/02/19 22:08:55

Oゲージだとライオネルから出ています。Pゲージ、と言うかプラレールもトミーが出していますので。SゲージとかGゲージとかでは見掛けないですが(私が気が付いていないだけかも知れませんけど)。



[392] Re: バックマンから機関車トーマス 栗生弘太郎 2002/02/20 22:42:28

シロ/松本さん、Gスケールでもライオネルですね。私の持っている1995年版カタログに、線路配置とイラストを描いた4フィート半×7フィート半のマットの上にレールを並べて遊ぶセットが出ています。モデルは、トーマス、それに客車のアニーとクララベルがスターターセットに付属で、それ以外にはモーガルのジェイムスと、ゴンドラのトラブルサム2両セットを別売となっています。なお、枕木が黄色で、ポイントも用意されています。ただこの後、しばらくして雑誌に載る模型店の広告に出なくなった記憶があります。私も気にしていたということは……(^^;



[393] トロリー・バスについて教えてください 大東孝司 2002/02/21 05:21:02

所要でサンフランシスコに行きましたところ、最近できたというトロリー・バスが網の目のように走っていました。
加減速はまさに電車のそれですが、昔乗ったものとはずいぶん違います。屋根からの振動が感じられずブレーキは回生方式のようでした。
驚いたことに架空線がないところに来るとポールをおろしてさっさと走り去りました。このシステムについてご存知の方お教えください。



[394] RivarossiのChallengerについて デゴイチ 2002/02/21 18:40:12

皆さん、初めまして。こんにちは。

アメリカ型鉄道模型情報のVol.81にて、
> リバロッシ−ウォルサーズ社で、チャレンジャー4-6-6-4
> にオイル・テンダー付きが新発売と出ていることです。
> 給油ハッチが3つ、給水ハッチも背の高いものが3つ、
> 機関士サイドにツールボックスが付き、
> センティペード台車が新設計だとあります。
> また、動力装置がフライホィール付きとなったようです。

とあるのですが、

私が去年の夏に購入したChallenger-3985(品番5455)は、オイル・テンダー、フライホィール付きだったのですが、これとはまた別のバージョンなんでしょうかね?
ちなみに、MBのN店で購入しました。



[395] Re: トロリー・バスについて教えてください 栗生弘太郎 2002/02/23 02:55:22

サンフランシスコではないのですが、1993年に訪れたシアトルで出会ったトロリーバスも、ポールを下ろした状態で高速道路をぶっ飛ばしていて、大変驚きました。このときに尋ねた限りでは、ディーゼル発電だったと思います。



[396] Re: RivarossiのChallengerについて 栗生弘太郎 2002/02/23 03:05:44

デゴイチさんがお尋ねのVol.81で、その根拠ですが、件の広告には“For the first time, Rivarossi ready-to-run HO Union Pacific Challenger 4-6-6-4 Locomotives are avilable as oil burners. とあります。品番は
635-5455 UP #3985
635-5456 UP #3716
635-5457 UP #3978 Two-Tone Gray
ということで、合致していますね。
なにせ、この辺りには疎いので、私の解釈間違いなのかも知れません。
センティペード台車の方はどうなんでしょうか?



[397] ウエザリング yardbird/岸本 2002/02/26 22:33:42

未塗装のBrass物の数が増えてきて、塗装の苦手な私は外注に出そうとHPで当地の業者を探していましたところ、とあるHPでウエザリングの技法について書かれているものを見つけました。その方法とは?といいますと、なんと女性の化粧品を使うのです! 記述によりますと、パウダータイプのアイシャドウを使うとの事で、コツは、Matt(つや消しですね)を使えと。

早速、近所のスーパーで買ってきてやってみました。
おお!なんと簡単な事かと驚くほどの出来栄えです。色もたくさんありますし、なんと言っても安い、定着が良い、といい事ばかりです。私が試したのは、Boxcarだけですが、地色が濃色系の時には明るいベージュ系よりも、グレー系の方が埃っぽい表現には向くようです。
最後に注意をひとつ。この技法を試される場合には、奥さんや彼女を前にして「ほら、模型が本物っぽくなったでしょう」とやって見せないとヘンな趣味がある、とあらぬ疑いを掛けられますので、ご注意を!



[398] UP_SD70Mの話題 松尾よしたか 2002/02/26 22:50:54

SLC冬季五輪の聖火リレーのSD70M(#2001,#2002)は、暫くの間そのままの塗装で通常運用に入るそうです。どなたか撮影して下さい! いずれ、UPカラーに塗り替え、本来のナンバーである4690,4691に改番されるとのこと。
また、SD70Mの本年落成分から全機(#4710以降)、例の張出しラジエーター仕様になっています。
以上、私が所属するロッキーマウンテン・レイルロード・クラブ(本拠地デンバー)からの情報です。



[399] Re: ウエザリング 檜山和明 2002/02/28 22:28:35

みなさんこんばんは。

yardbird/岸本 さん wrote:
> その方法とは?といいますと、なんと女性の化粧品を使うのです!

これ、私もしばらく前にやってみました。
100円ショップで売っている化粧品を見ていたら黄土色や茶色っぽいのが多くて「ウェザリングが出来そう」と思いやってみました。
パウダー系は触ると剥げてしまいますが、下地に口紅(油っぽい)を付けて、その上にパウダー系を付けると落ちにくかったです。

欠点は「ラメ」が少量入っていたりするのと、何より白粉の匂いが残ることです。
このBoxcarは化粧品ウェザリングです。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Toys/9237/boxcar1/prr68689x31ap62514.jpg

その後アメリカの雑誌(MRGだったか)にも記事が出ていました。

この他、100円ショップの化粧品コーナーにはウェザリングや模型の掃除に使えるブラシ類がたくさん売っています。

では。




第1次トラパシ鉄道模型掲示板
発言ログ 0300-0399


<前の発言[0200-0299]へ  発言リストへ  次の発言[0400-0499]へ>
posted by ワークスK at 13:57| Comment(0) | 第1次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: