2004年06月15日

ACF 3560 Covered Hopper 2009/01/19-2009/01/20 (3)

●865 関連発言 ACF 3560 Covered Hopper up1853 2009/01/19
  866 関連発言 Re:ACF 3560 Covered Hopper ワークスK 2009/01/19
   867 関連発言 Re:ACF 3560 Covered Hopper up1853 2009/01/20

865 ACF 3560 Covered Hopper up1853 2009/01/19 09:15

いつも「カバードホッパー万歳」を参考にさせていただいています。

Atlas HO TrainmanのACF 3560 Covered Hopperを詳しく知りたいのですが、BNでは在籍車は無かったですかね?

宜しかったら、解説、お願いします。



866 Re:ACF 3560 Covered Hopper ワークスK 2009/01/19 19:39

御指摘の通り、BNではこの車両CF3560を所有していませんので、当方は関心の外でした。m(_ _)m
アトラ ス・トレインマンのサイトを覗くと、次のような説明があります。

3室式のACF 3560センターフロー・カバードホッパーは、50-60ポンド/立方フィートの高密度乾燥品のバラ積み輸送のために設計された。2,214両が1967-72年に製造され、塩、肥料、澱粉、ボーキサイトや粘土という多種多様な必需品を輸送した。

保有したのは主に化学会社で、鉄道会社では、DM&IR、C&O、CSX、B&M、ICG、Alaskaといったところです。地域性が強いのだと思います。製造年からすれば、製品が再現した1971年以前のスタイルが順当な線で、ほんの一部に1971年以後のスタイルがありそうです。

トレインデポの牛島店主より Kerr-McGeeスキームの写真をお送りいただいたので、掲載させていただきました。



ところで、CF3560が製造されなくなった1972年以降は、どういう貨車が普及したのでしょうか?



867 Re:ACF 3560 Covered Hopper up1853 2009/01/20 10:06

ご調査、有難う御座います。
やはり、BNでないと・・・ですかね。

当方の狭いレイアウトでは4連で結構、活躍しています。
後継も気になりますね。



posted by ワークスK at 00:19| Comment(0) | 第2次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: