2019年01月28日

第7次掲示板[006]-0【レイル誌】No.109はJR奈良線の歴史

[6] 【レイル誌】No.109はJR奈良線の歴史 投稿者:ワークスK 投稿日:2019年 1月28日(月)02時28分37秒



 こりゃあビックリ。表紙の国鉄ED16にばかり目がいっていた。開ければ全100頁の内24頁がJR奈良線だった。それも写真と図版が満載。特に線路の変遷については知らなかったことばかり。これほどまでに複雑だったとは資料を掘り起こされた筆者に敬服する。なかで陸軍軽便軌道600ミリ軌間が、国鉄1,067ミリと京阪1,435ミリの両方と平面交差していた……なんて事実は、多くの“関係者”の御興味をひくことだろう。>>出版社ウエブサイト

 また当方のブログにもたびたび登場いただく小菅一己氏が大々的に写真を提供されていて、蒸機やディーゼル、またモデル・ファンの皆さまにも面白いはず。キハユニ16!の走行写真なんて初めてみた。>>小菅一己の写真集

 なお現在、宇治川橋梁の目障りだったケーブル類が移設されているようだ。この下流側、次の写真の手前に複線化のためのPC中路橋が建設されるとのこと。ああぁーー、はよ、いかな--!!! 寒いけどーーーー。



【追記】ヤマさんのブログの写真によれば、宇治川橋梁で複線化線増となるのは上流側、この写真の反対側のようだ。だめだこりゃ。
 出版社の「モデラーな日々」に編集裏話が登場した。木津駅で入換中の88638は梅小路区所属ではなくて奈良区へ転属後だと訂正文が載るなど、なかなか細かい。2019-04-12
posted by ワークスK at 00:00| Comment(0) | 第7次掲示板ログ 2019年− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: