2022年05月20日

【とれいん誌】2022年6月号 ビューライナーU 天賞堂UP 4-12-2 ウクライナの鉄道

Train2022-06p001 Tenshodo UP 4-12-2 class 9000

2022年6月号はアメリカ型ファンが喜ぶネタが目白押し。

まず裏表紙の天賞堂広告で、ユニオン・パシフィック鉄道クラス9000、1995年当時の仕掛部材を中心に極少量組み立て、バンダービルト・テンダー付(広告写真)? 直営店舗限定で220,000円とのこと。Brass Model Trains, Price & Data Guide Volume 2, 2009 Editionに拠れば、1997年、The Original Whistle Stop向、#9013、センティペード・テンダー付? 売価2,400ドル、相場2,500ドル。グレズリー(グレスレー)弁は可動しなさそう(1995年製PFM向1台は可動?)。軸箱はコイルバネ可動か? 第3動輪は実物通りフランジレス? 通過最小曲線半径は不明。

製品紹介は、Walthersの57’メカニカルリーファーと、NSC 5150 3-bayカバード・ホッパー。反射テープは、前者が無しで、後者があり。

記事では、"Diesel Power in USA"のアムトラック・ビューライナーU。カトーからNが発売済みで、HOも新登場とのこと。食堂車や寝台車との連結編成の写真も紹介。(当掲示板の過去発言はここ

"B級コレクター道"は、スイスのOゲージメーカー、カイザー(Alois Keiser)社の線路と車両を紹介。レールは鉄(スチール?)製だという。

実物記事では、『美しきウクライナの鉄道』に5頁。特急列車は韓国の現代ロテム製。全線電化? キーウ(キエフ)とオデーサにはトラムが走る。ドニプロにレトロ市電。キーウ中央駅に鉄道博物館が併設され、キーウ工科大学に0-6-0T蒸機が展示されている。

驚いた記事は、手計晋哉さんという方のOJのレイアウト。2階3部屋の間仕切りを撤去して、平均R2,000o以上だという広さは想像が出来ない。

【追記】天賞堂 4-12-2 旧製品の製品紹介は、とれいん誌1994年3月号p101で、「フレキシブル・レール及びプラスチック道床付レールでは半径800mm以上、ポイント8番以上‥‥コイル・スプリング‥‥中央クランクとグレスリー(原文ママ)装置の可動‥‥」などと書いてある。下は同号裏表紙の広告。265,000円!!!

Train1994-03p160 Tenshodo UP 4-12-2 class 9000

この広告文で4-10-2をマウンテンとしているのは、オーバーランド、もしくはサザンパシフィックの間違い。マウンテンは4-8-2をいう。ちなみにMR誌1942年12月号の一覧表は、4-10-2をnamelessとしている。4-12-2はユニオンパシフィックとなっているにもかかわらず、不思議。>>「ミカドがマッカーサーだった頃
ラベル:とれいん誌 蒸機
posted by ワークスK at 23:00| Comment(1) | 情報・薀蓄 2022年− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<img src="https://tplibrary.up.seesaa.net/image/Train1994-03p160-thumbnail2.jpg " width="300" alt="" align="right" >テストです!! <font color="blue" size="+2">修正も可能</font> リンクも可能 HTML文による画像掲載などは不可
http://tplibrary.seesaa.net/article/441960069.html?seesaa_related=category
Posted by ワークスK at 2022年05月20日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: