2022年08月04日

【Kadee】ツイン・スパイカーを改良再発売

50年前に発売されて一部の向きに愛用されたケーディー社のTwin Rail Spikerが、なんと2021年7月に再発売されていた。100番と83番、70番のレール用で、値段が500ドル(Kadee HP)。発売個数が10個ずつ。現時点の在庫は1-2個。ただし、消耗&補修パーツの品揃えが半端ではない。しかし、MRフォーラムの「いまどき、ハンドレイイングは過去のもの」との言が全てを物語っている。必要とされる方は急いだほうがいい。100番は1/45で30-37kgレールに相当‥‥。
 ジェネレーション3といっているから、3代目。初代は1968年の発売。下の右画像はMR誌1968年5月号の同社広告で、100番用と70番用が1台39.95ドルだった。TMS誌1968年6月号p395ミキストで紹介された。2代目が分からない。
00700black_1_1.jpg


【追記1】MR誌をつぶさに探したら1973年10月号にも広告を見つけた。たぶんこれが2代目だろう。100番と70番に加えて83番もラインナップされている。"Conversion kits"は、番数を変更する部品だろうか。
MR1973-10p30.jpg

また、1975年9月号に次の広告を見つけた。"Mail Order Trains"という会社で、品番まで同じなのに"Kadee"を一言も謳っていない。
MR1975-09p86.jpg

【追記2】ケーディーのHPを再確認したら、#83が単なる"in stock"だけに変わっていた。先日は確かに"Only 1 left"が付記されていたのだ。定番商品になったのかな。2022-08-07
posted by ワークスK at 01:48| Comment(0) | 情報・薀蓄 2022年− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: