2022年12月20日

【Walthers】新製品のトラス橋はワーレンなのか?


これは新製品として案内があった97フィート単線ワーレントラス(品番933-4511)。でも、ワーレンといえば日本では新幹線時代から多用されたWが連続したトラスのはず。正しくはプラット・トラス、細かく言えば、中間に支えの入ったボルチモア・トラスだと思う。>>ウィキペディアの解説

確かに垂直材を入れたワーレンが存在し、6パネル以上なら納得できる。
f0116479_1752176.jpg
8パネルの例(姫新線旭川橋梁 近代建築watch by sunshine-works)

ところが4パネルは、プラットと区別がつかない。

4パネルの例:どっち?(A Single-track brige for ex-Southern Pacific Railroad, Wikipedia-English)

MRフォーラムに疑問を投げかけてみた。>>MR Prototype Forum

【追記】"Wallen"を自動翻訳すると「ウォーレン」となる。ワーレンではない。でも、実感がわかない。"Pennsylvania"を「ペンシルニア」ではなく、日本の術語は「ペンシルニア」が適切という主張があったが、ムベナルカナ。2022-12-26
ラベル:Walthers MR forum
posted by ワークスK at 01:00| Comment(0) | 情報・薀蓄 2022年− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: