2007年06月19日

第5次掲示板 169-2 【新刊】南井健治著「鉄道車両のデザイン」

●No.169 【新刊】南井健治著「鉄道車両のデザイン」 ワークスK 2013/09/09(月) 20:32:25
  No.191 Re:【新刊】南井健治著「鉄道車両のデザイン」 northerns484 2013/09/29(日) 20:34:12
    No.194 Re*2:【新刊】南井健治著「鉄道車両のデザイン」 ワークスK 2013/10/02(水) 13:54:35


続きを読む
posted by ワークスK at 17:01| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

第5次掲示板 162-4 古いカタログ類のコレクション・サイト

●No.162 古いカタログ類 delphinus 2013/08/28(水) 01:04:41
  No.163 Re:古いカタログ類 WG 2013/09/04(水) 18:53:26
    No.168 トレイン・ミニチュア社のモデル ワークスK 2013/09/09(月) 20:28:52
      No.171 Re*3:古いカタログ類 WG 2013/09/10(火) 18:09:03
      No.172 Baker Couplerが… dda40x 2013/09/11(水) 10:56:19

続きを読む
posted by ワークスK at 12:09| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

第5次掲示板 161-3 ペンシルバニア鉄道博物館へ行きました

●No.161 ペンシルバニア鉄道博物館へ行きました 三好 隆夫 2013/08/25(日) 15:24:33
  No.167 Re:ペンシルバニア鉄道博物館へ行きました ワークスK 2013/09/08(日) 23:46:23
    No.170 Re*2:ペンシルバニア鉄道博物館へ行きました 三好隆夫 2013/09/09(月) 20:50:10
      No.173 Re*3:ペンシルバニア鉄道博物館へ行きました 宮崎 繁幹 2013/09/12(木) 11:45:29


続きを読む
posted by ワークスK at 12:14| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

第5次掲示板 157 【とれいん誌】おとなの工作談義 GMのEvolutionシリーズ

●No.157 【とれいん誌】おとなの工作談義 GMのEvolutionシリーズ ワークスK 2013/08/21(水) 20:55:29


No.157 2013/08/21(水) 20:55:29  ワークスK
【とれいん誌】おとなの工作談義 GMのEvolutionシリーズ
124-1.jpg とれいん誌の2013年9月号の連載記事「おとなの工作談義」は、日本型のNだからと読み飛ばそうとしたのだけれど、p50-53に驚愕の写真が掲載されていた。1/700、ウォーターライン・シリーズだというプラモデルだ。そのグレードアップされた作品は、縮尺が間違っているとしか思えない細かさだ。
 そして、その思想をNゲージに求めたものが、先ごろキットとして発売されたグリーンマックスの103系だという。そういわれれば、先月号p118-119に製品紹介があって、なんで今頃、新発売がキットなんだと訝った記憶がある。
 正面窓の縦桟を三角形断面とし、ベンチレーターや信号炎管の基部に取付ボルトを再現してある。うぅぅむ。ここまでプラスチック・モールドが対応できるのか。しかも読み進むと、設計担当者が変わったわけでもなければ、高性能の工作機械が入ったわけでもない。社外プロデューサーとして参画した牛久保孝一氏の助言なのだという。「Nゲージならこれぐらいの作り込みでいいやと割り切っていた…自主規制していたリミッターを外」しただけ。ということで、ワイパーにサード・パーティのエッチング抜きパーツが推奨されている点が理解できる。

 しかし、これは危険な第一歩だ。それは記事に掲載されている写真で一目瞭然! 車輪だ。プロトの足音が……。そういえば昨日、1/87の12mmゲージで、実物どおりのタイヤ厚とフランジ寸法に仕上げた動輪を見た。

Train2013-09p51.jpg

【追記】右画像はグリーンマックスからの引用なのだけれど、拡大したらホコリだらけだった。それに元画像が小さすぎる。そこで雑誌記事からエメラルド・グリーンをスキャンしておく。2018-07-06

posted by ワークスK at 11:42| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

第5次掲示板 156 【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介

●No.156 【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介 ワークスK 2013/08/21(水) 19:00:15
  No.160 Re:【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介 平和島さかつう平林 2013/08/24(土) 23:04:18
    No.166 Re*2:【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介 ワークスK 2013/09/08(日) 23:43:38
  No.199 【SPカラー】や、レタリングに詳しいサイトを発見 ワークスK 2013/10/09(水) 20:53:11


No.156 2013/08/21(水) 19:00:15
ワークスK
【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介 関連発言
近着の同誌9月号、新製品紹介にバッド社が製造した展望客車が登場した。SPのデイライト色と、D&RGW色である。私は既に、かつて出たコルゲート付を持っているし、さらにウォルサーズ社製品をキットバッシュのネタに仕込んであるから、鼻は動くことが無いものの、疑問点が2つ。

まずカプラー。
 昔のものは、次写真の様に台車のボギー回転で左右に首を振る構造だった。こんどの新製品はどうなのだろうか。

Bachmann_Full_Dome.jpg

 バックマンの直販サイトによれば、カプラーは車体マウントだという。

次は、SP色。この色のドーム客車は部分的なものを含めて存在したのだろうか。看板特急のデイライトには連結されていなかったと思う。ただし、UPやCNWと相互直通していた黄色のシティ・オブ・サンフランシスコにはあったかな。紹介文は「“サンオーキン・デイライト”などの雰囲気を手軽に楽しむ」と言っている。
 実は、サンセット・スキームの編成をもっていて、その中に部分ドームの客車が入っている。これを処分しようかどうかと、ずっと悩んでいる。

13007.jpg


No.160 2013/08/24(土) 23:04:18
平和島さかつう平林
Re:【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介 関連発言
お世話様です。
製品についての疑問がおありのようですので解説をいくつか。
ちょっと長文になっておりますのでご容赦を。

1)カプラーは今回も車体マウント+首振り式です。
しばらく前の製品から室内灯付きになりましたが今回はLED式にグレードアップしています。

2)D&RGW塗装は現代の保存鉄道仕様なので『Rio Grande』ではなく『Royal Gorge Route』になっています。
実車は廃線になったモファットルートを買ったCanon City & Royal Gorge Railwayがサンタフェのドームカーをアラスカ経由で買って来たもののようです。

3)下記に実車解説ページをリンクしておきました。
ドームカ―だけを扱っているページで『ほぼ全車』の現役時代の写真が揃っているようです。
http://www.trainweb.org/web_lurker/SPf/

製品はSPが1954-1955年頃、サクラメント工場にてパーラーカー等を改造して作った『3/4フルドームカ―』をイメージしたもので側面がフラットの車体を新規で製作、機械室のルーバーは印刷で表現しています。

実車に戻ると『3/4』と称されたのは片側のエンドの1階部分の屋根が広かったので『フル』と称せなかったようです。
デイライト塗装車はサンオーキーン及びシェスタの各デイライト号に投入されましたが、なぜかコースト・デイライトには投入されなかったようですが黒銀のGSクラスに牽引されたサンオーキーン・デイライトには間に合っているので、ある一定期間『蒸機+ドームカ―』という夢の編成が定期列車で見られたようです。
(ただしドームカーが連結された時点で種車になった展望車は外されています。)
上記の走行シーンはペントレックスDVD『SP Daylight Collection』、『SP Classic Collectors' Series Combo』に収録されております。(いずれも同一フィルムのはずです。)
またCOSFに連結されたUP塗装のSP 3/4ドームカーは『SP線内限定運用』なのでUP線には乗り入れていません。(特例を除く。)

余談ながらアメリカを非公式に訪問したソ連のフルシチョフが3/4ドームカーに乗車しているニュース映像をNHK『映像の世紀』か何かで見た記憶があります。

4)最後に、SPではACFやBudd製の『部分ドームカー』は所有していませんでした。

No.166 2013/09/08(日) 23:43:38
ワークスK
Re*2:【とれいん】バックマン社フルドーム客車の紹介

picSP.gif

1sPH&TSa.jpg詳しい御解説をありがとうございました。
うぅぅむ。SPのドーム客車は、そういうことですか。
想像を絶する事実に驚いています。
日本の雑誌には載ったことが無いですよね。

やはり洋書のお世話になる必要性を感じます。
で、予告されている書籍が右です。

Southern Pacific Painting and Lettering Guide

ウィキペディアを読んでも、特に客車のカラースキームの変遷がちっとも理解できないので、役に立つこと間違いなし……とは思うものの、値段が問題でしょうか。


No.199 2013/10/09(水) 20:53:11
ワークスK
【SPカラー】や、レタリングに詳しいサイトを発見 関連発言
sptop3.gif TrainOrders.comに紹介されていたサイト。まあ、各ペイント・メーカーの型番が並んでいるだけの風も無きにしも非ず。レタリングのカラーが、シルバーなのかホワイトなのか、判断に迷った時には良い指針となるかもしれない。
 さらに客車と貨車を充実させてほしい‥‥かな。まあ、蒸機時代は蚊帳の外‥‥。
 もう一つ

posted by ワークスK at 17:28| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

第5次掲示板 152 【新製品】アサーンからタンクトレイン

●No.152 【新製品】アサーンからタンクトレイン ワークスK 2013/08/20(火) 02:07:56
  No.155 Re:【新製品】アサーンからタンクトレイン ワークスK 2013/08/21(水) 17:51:19


No.152 2013/08/20(火) 02:07:56
ワークスK
【新製品】アサーンからタンクトレイン 関連発言
Model Railroad Newsのサイトが伝えるところによれば、GATXが開発したTankTrainがアサーン・ジェネシスから発売されるとのこと。私はBNが関係なさそうなので食指が動かないものの、SPファンはテハチャピを定期的に通過していたとして、Trainorders.comフォーラムでは大騒ぎ。ただし問題は値段で、2両セットが99.98ドルとなるらしい。実車はこんなのが60組連結されていたってんだけれど、連中、どうするんだろう? 【あっ、今も走っているのかな?】





No.155 2013/08/21(水) 17:51:19
ワークスK
Re:【新製品】アサーンからタンクトレイン 関連発言
遅まきながらアサーン自身から案内メールがきた。次の説明文を読めば、13両をホースで連結して、積み下ろし時間を短縮する方式の様だ。
 ただ、積むときは一端からの圧送でわかるとして、下ろすときはどうするのだろう。ネットを検索すれば、他端から空気だか不活性ガスを圧入していると読めるのだが。アサーンのサイト

"Loading and unloading individual tank cars is a time consuming process so GATX developed a unique solution – the TankTrain . The TankTrain is literally a pipeline on wheels. Sets of up to 13 cars are interconnected with a transfer hose so they can be loaded and unloaded from one end at a rate of 3,000 gallons per minute."


posted by ワークスK at 11:39| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

第5次掲示板 147-4 【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気"round & round"

●No.147 【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 ワークスK 2013/08/19(月) 17:21:33
  No.153 Re:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 arx 2013/08/20(火) 16:45:47
    No.154 Re*2:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 ワークスK 2013/08/21(水) 17:31:19
      No.159 Re*3:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 northerns484 2013/08/24(土) 10:30:47
        No.165 Re*4:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 ワークスK 2013/09/08(日) 23:38:05



No.147 2013/08/19(月) 17:21:33
ワークスK
【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 関連発言
案内メールに少し長い発言が紹介されていた。胸騒ぎがして、辞書を引き引き読んでみた。模型関係ではあまりお目に掛からない単語が並んでいたからだ。"intervention"、"addiction"、"stoop"。でも、もっとも簡単な"a secret round and round runner"が判らない。

 筆者はあるレイアウトの運転メンバーを4年間やっているという。レイアウトの場所を提供しているクランシー氏(仮名)が、その"addiction"をメンバーや家族に隠していた。たまたま筆者が目の当たりにして、その“うっとりとした様子”を気付かれないように携帯で動画に撮影した。で、会合で同氏がトイレに立った隙にメンバーに見せた。相談の結果、翌週に彼の妻に告げると、彼女は動揺し、離婚の可能性を口にした。
 同氏と話し合いが持たれて(?)、"running round and round"を月一回に限ると約束させた。そして快方に向かった。どうやって分かったかといえば、一メンバーがNASCARレースに連れ出した。レースが進んでしばらくしたら、一方向にしか回らないことに不平を言い出した。さらにTalladega 500を見ていて2週目で寝てしまった。それで、完治したことを知った。そして結婚は維持され、メンバーは彼の眼に亡霊を見ることが無くなった。
 しかし、その筆者自身には助けが要るという。最近、ライオネルの3線式セットを買った。妻が外出すると、帰宅する気配がするまで、隠しているセットを出してきて弄っているらしい。

 もし、その病が私の想像通りだったら、罹患している奴は、日本にゴロゴロいて、離婚の山のはずなのだが‥‥‥。私は違うけれど、貴方は?



No.153 2013/08/20(火) 16:45:47
arx Website: http://riogrande.blog.so-net.ne.jp/
Re:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 関連発言
磨き上げたパーツを見て「ひとりうっとり」、できあがった模型をレールに載せて「うっとり」、模型の写真を撮って見て「うっとり」… わたしなどキリがありません。

欲望がストレートに対象に向かわず、例えば異性ではなくハイヒールに固着した様をフェティシズムといいます。わたしたちの模型に対する振る舞いは一種のフェティシズムではあると思うのですが、それが「病気」なのかどうか。

本人がその「症状」に苦しみ、助けを求めているなら「病気」といえるのではないでしょうか?クランシー氏の「隠れて」をどう受け取るかだと思います。それより、この投稿者の方が…


No.154 2013/08/21(水) 17:31:19
ワークスK
Re*2:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 関連発言
うぅぅむ。フェティシズムですか。アンサイクロペディアなどの定義や説明文を読めば、思い当たる節のある方は多いことでしょう(笑)
 で、仰る通り、本人がその病状に苦しんでいないのなら、問題は無いはずなのです。ただ付帯条件として、周囲が迷惑していなければ、なんでしょうけれど。うちの家族は……。

ところで、クランシー氏の件でひとつ気になったのは、"round and round running"です。
 我が国では一般的な楽しみ方といえますが、彼の国では、隠秘しなければならない性癖という点です。

そりゃあ、リアリティに欠けているからという理由はよく理解できます。そのリアリティこそが、スケール・モデリングにとっては問題です。
 もちろん、縮尺と軌間の相違とか車輪のタイヤ厚、屋根上電線管の本数についての言は、頻繁に耳に入ってきます。

一方、実際の運行方法をリアルに再現して楽しもうという動きは、我が国にもあるのでしょうか。

No.159 2013/08/24(土) 10:30:47
northerns484 Website: http://northerns484.sakura.ne.jp/blog/
Re*3:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 関連発言
ご紹介いただいたコラム、論点がはっきりしないなぁと思っていたのですが、コメントを辿ってなるほどと思ったのは、これはMRHの最新号のこの記事を受けて書かれたユーモアである、ということです。

John AllenのTimesaverのような楽しみ方が提案されていることが象徴しているのではないかと思いますが、アメリカでは入れ替えなどを行いながら実物の鉄道の運行を模するという楽しみ方があります。特にDCCが導入されて、できることも格段に高度となったことで、そのような楽しみこそが王道だという風潮が強まっていることに対して、「それもいいけれど、単に周回させる(round and round running)という楽しみ方もあるよね」ということを主張したい、というのが趣旨かと思いました。

というようなことを頭に入れてご紹介いただいたコラムを読み直すと、結構大げさなドラマ仕立てで笑えます。


No.165 2013/09/08(日) 23:38:05
ワークスK
Re*4:【MRHフォーラム】ひたすら隠されていた病気 関連発言
"round and round running!"

やはり、これ、気になる。

このところ、あちこちの運転会にお邪魔する機会が増えた。
で、一周が長いものの、こればっかり。
個人のお宅でも、そう。固定レイアウトでも、組み線路でも。
もちろん、レンタル・レイアウトも、これ。

ひとまず、周回運転はヨシとして、

フレキシブル線路を敷きながら、
カントを付けていながら、
緩和曲線が無いのが気になる。知らないのか。

さらに心配な点は、勾配が無いこと。立体交差が無い。
牽引力や折れ曲がり地点などでのトラブルを恐れているのかな。

一方、Nゲージには結構、勾配がある。

HOクラスは、これじゃあ、
ガラパゴス・モデルになっちゃう(笑)

それでは我が鉄道の"round and round running"をご覧ください。
あくまでも、車両走行試験ということで‥‥‥。

YouTube動画

posted by ワークスK at 11:53| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

第5次掲示板 143-7 NSヘリテージ・ユニットと外国語表記

●No.143 【サイト】ヘリテージ・ユニットが一杯! ワークスK 2013/08/17(土) 01:13:54
  No.144 【NSヘリテージ】Kato NのSD70ACeが出荷 ワークスK 2013/08/17(土) 06:47:08
  No.219 【NSヘリテージ】Kato Nもやってしまったリーディング ワークスK 2013/11/13(水) 22:25:31
    No.223 Re:【NSヘリテージ】Kato Nもやってしまったリーディング northerns484 2013/11/14(木) 22:35:00
    No.224 この手の発音は・・・ dda40x 2013/11/15(金) 00:10:42
    No.226 【NSヘリテージ】Kato Nにエリーとラッカワンナ、そして ワークスK 2013/11/19(火) 20:04:23
      No.230 Re:【NSヘリテージ】Kato Nにエリーとラッカワンナ、そして ヤマ 2013/11/23(土) 13:16:11
        No.235 【外国語表記】学校の現場では難しい問題 ワークスK 2013/12/05(木) 15:43:57


No.143 2013/08/17(土) 01:13:54
ワークスK
【サイト】ヘリテージ・ユニットが一杯! 関連発言
ブログ「イナの独り言」にノーフォーク・サザン鉄道のヘリテージ・ロコが3両も登場しました。過去に合併してきた鉄道のカラーを再現した機関車です。羨ましいですね。
 そこで、ヘリテージ・ユニット・コムなどという、UPやアムトラックの同類を含めて追いかけるサイトが紹介されています。よくまあこれだけ塗ったものです。それ以外にも特別塗装機が出ていて、BNSFのトレインシミュレーターとか、UPのオリンピック・トーチ・リレーとか、まだ走っていることが判ります。

163_34.jpg

NS機についての、この掲示板での過去の言及は、2012年3月4日以降、同年同月16日以降、同年7月3日以降です。



No.144 2013/08/17(土) 06:47:08
ワークスK
【NSヘリテージ】Kato NのSD70ACeが出荷 関連発言
カトーUSAからの案内メールによれば、今月中には模型店々頭に並ぶとのこと。

Forum5-148_KatoNS.jpg

No.219 2013/11/13(水) 22:25:31
ワークスK
【NSヘリテージ】Kato Nもやってしまったリーディング 関連発言
 クダンのノーフォーク・サザン、発足30周年記念塗装のNゲージ機関車が市中に出回っている様子。そんな発売元のサイトを覗いたら、アチャー! やっちゃった。私だって注意されるまで知らなかったんだから大きなことは言えない。何のことか、お分りにならない方は、アメリカ型鉄道模型大辞典の「り」のページで頭から2つ目の項目。

 なお"Wabash"は、「ワバッシュ」と発音していたけれど、「ウォーバッシュ」とあって、この表記の通りでも良い様子(weblio辞典)。「ウォバッシュ」と、どっちが望ましいのだろうか。

sd70ace%20ns2-thumb-550xauto-393.jpg


No.223 2013/11/14(木) 22:35:00
northerns484 Website: http://northerns484.sakura.ne.jp/blog/
Re:【NSヘリテージ】Kato Nもやってしまったリーディング 関連発言
アメリカ型に興味を持ち始めた頃に、この鉄道はなんと読むのだろうと悩んだのを思い出しました。
場所の名前に違いない、でも「リーディング」だとすると動詞のreadの現在分詞になってしまって変だよなぁ、と思いながら、米国人の英語の先生(それも、フィラデルフィア出身!)につたない英語で勇気を振り絞って質問したところ、正しい発音を教えてくださって、やっぱりそうだったかと納得したのでした。

No.224 2013/11/15(金) 00:10:42
dda40x
この手の発音は・・・ 関連発言
ウォバッシュに近いと思います。
この手の発音は、アクセントが来ている時に限りますが、Oが書いてあればアと言い、Aであればオと発音するのだと、40年以上前に習いました。
大体合っているように思います。

No.226 2013/11/19(火) 20:04:23
ワークスK
【NSヘリテージ】Kato Nにエリーとラッカワンナ、そして 関連発言
 第一弾にも、エリー。ただし、こちらの方が一般的な用法で、我々の世界の「イリー」が異質。アメリカ型鉄道模型大辞典の「い」のページで「イリー」を乞御拝読。

 また"Lackawanna"は、確かに「ラッカワンナ」と読みたくなるけれど、ファンは「ラッカワナ」かな。ジーニアス英和大辞典は「ラカワナ」。ここによれば「ラッカワナ」か「ラカワナ」。模型店向けと思われるpdfファイルでは、混用されている。

sd70ace%20ns1-thumb-550xauto-392.jpg

 もちろん、いたずらに現地音をナゾるのではなくて、読む者がスンナリと受け入れられる表記が欲しい。当方が言いたいことは、あくまでも読者が主役だということ。
 「カリフォルニア(スペイン語読み?)」が定着していて、「カリフォーニア」とすればアメリカかぶれと見做される。「ペンシルベニア」は、「ペンシルバニア」との間で揺れている。

 悩むのは、未だ日本語になりきっていない語句、コナレていない言葉。ファーストフード・チェーンでは日本人の呼び易い「マクドナルド(weblio辞典)」が、恣意的に採用された例えもある。

 この類の間違いを恐れて、英文綴りをそのまま使う書き方もあるが、外来語を全て英綴りとするなんて出来ない。それと、新聞や雑誌が総じてカタカナにどうして置き換えているのかを考えれば、明白。それは読者に負担を掛けないため。すなわち、読みやすさを狙っている。
 もちろん、読者がより深い情報を求める便を図って、英綴りを使ったり併記したりすることはある。

 一つ気になるのは、外来語表記について発言される方の多くが、報道機関が指針を設けている事実をご存じないこと。それは市販もされている。「朝日新聞の用語の手引」、「読売新聞用字用語の手引」、「毎日新聞用語集」、「NHK新用字用語辞典」、さらにウィキペディアでも表記法を定めつつある。


12200.jpg 当方所持の朝日1989年版から抜粋してみる。

外来語7 言語で2重母音の「エイ、オウ」は、原則として長音とみなす。
≪例≫オーナー、チェ−ンストア、メーンイベント
≪例外≫シェイプアップ、ノウハウ、ペイント

外来語8 語尾がtureの語は、原則として「チャー」で表す。
≪例≫カルチャー、フィーチャー、レクチャー
≪例外≫カリカチュア、ミニチュア

外来語19 2語からなる複合語には、原則として語間に「・」をつけない。
 3語以上からなる複合語には原則として語間に「・」をつける。ただし、判読に困難でない場合は「・」を省略してもよい。
≪例≫シンガー・ソングライター、ケース・バイ・ケース、コンビニエンスストア

地名@英語-(1) 語末の(i)aは「ア」と書く。また語末の(y)aの、その前が子音のときは、「ア」と書く。
○オーストラリア  ×オーストラリヤ
○カリフォルニア  ×カリフォルニヤ
○ケニア      ×ケニヤ

地名B仏語-(3) ille、illesは「イユ」と書く。
○マルセイユ  ×マルセーユ
○ベルサイユ  ×ベルセーユ


 ことほど左様に微に入り細に入り。知らない人はホント、驚かれることだろう。

 また、外国の人名では、各社が申し合わせて表記を統一しているはず。「レーガン大統領」は、「レイガン」でも、「リーガン」でもない。

 もちろん、こんなものをすべて頭の中に入れたり、イチイチ参照するわけにもいかないから、詰まったときに開く程度。問題は、これらが正しいかどうかではなくて、こういうものの存在を我々が知っておく必要があるということ。

 そう。こうして日本語化したカタカナ語に馴染んでいる同じ人間が読むというのに、別の表記を使うなんて、奇妙というか、馬鹿げている。自己満足で、読者無視。でも、それで崇拝されることがあるという摩訶不思議。

 語尾の長音「ー」を省略して「コンピュータ」とか「データ」とする慣例は、電気学会(後年はIT業界)の仕業。そして、そんな文章ばかり読んでいると「プリンター」や「メモリー」に不思議と違和感が生じるようになる。ほんと迷惑。

 昔は、国際的な交流が少なくて実際に外国語を聞く機会が滅多になかった。現実と懸け離れたカタカナ表記でも、喋り易くて、かつ、綴りから連想できる点が重宝された。今は様相が一変したのだから、原音に忠実にすべきだという意見も理解できないことではない。小さなァィゥェォや、ヴ、ヲだって、現代人は発音できるようになった。
 ただし、読者の存在を忘れたら本末転倒。文面から意味を汲み取るまでに間が空く。検索や置換で困るのは誰? まあ近年の検索エンジンは賢くなっているけれど。

 ネットサーフィンで見つけたちょっと面白い文章パーキングミーターが珍妙。報道人ではこちら

 この話は3年前にも当会議室で話題となった。トピックス:英語のカナ表記問題

No.230 2013/11/23(土) 13:16:11
ヤマ Website: http://kokyu.sblo.jp
Re:【NSヘリテージ】Kato Nにエリーとラッカワンナ、そして 関連発言
>語尾の長音「ー」を省略して「コンピュータ」とか「データ」とする慣例は、電気学会(後年はIT業界)の仕業。そして、そんな文章ばかり読んでいると「プリンター」や「メモリー」に不思議と違和感が生じるようになる。ほんと迷惑。

私の担当の教科書でも「コンピュータ」表記になってるんですよねー。
で、ときどき黒板に「コンピューター」と書いてやる。
よく見ているヤツが、「伸ばすんですか?」などと食いついてくるので、
引っかかってくれたとばかり、そういう話を展開する。

まぁ、こんなことやってます。


No.235 2013/12/05(木) 15:43:57
ワークスK
【外国語表記】学校の現場では難しい問題 関連発言
 いろいろとお楽しみ‥‥もとい、工夫をされているのですね。
 世の中が、スカッと割り切れたものではなくて、混沌としていることの良い見本ですから。
 まあ、問い掛ける年齢にも依ります。そういえば、私も国語の教師に、「表れる」と書くが、「現れる」を許容するのか、と問われた記憶があります。で、そういうものの結果として、現在の私が出来上がったということなんでしょうね(笑)

 それから、さらに一つ、日本語の外国語表記で難しい問題を思い出しました。
 年配者がBig Boyを「ビッボーイ」と呼んでいる件です。アメリカ型鉄道模型大辞典の「ビッグ・ボーイ」の項に追記しておきました。
posted by ワークスK at 19:01| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

第5次掲示板 127-3 【KATO-USA】アナログ・サウンドを新発売

●No.127 【KATO-USA】アナログ・サウンドを新発売 ワークスK 2013/08/03(土) 05:35:55
No.149 KATOの意見 とやま 2013/08/19(月) 21:53:02
No.150 【KATO-USA】アナログ・サウンドのスピーカーは? ワークスK 2013/08/19(月) 22:28:57
No.248 【KATO-USA】クリスマス・ニューイヤー貨車 ワークスK 2013/12/31(火) 16:27:59


No.127 2013/08/03(土) 05:35:55
ワークスK
【KATO-USA】アナログ・サウンドを新発売 関連発言
日本では既に発売しているのだろうか。アメリカではDCCでなくても売れるのだろうか。で、YouTube動画。

[Kato USA Tech Corner] - FIRST LOOK! Kato's new Analog Sound Box (消滅)



No.149 2013/08/19(月) 21:53:02
とやま
KATOの意見 関連発言
8/16-18のJAM(国際鉄道模型コンベンション2013)にサンプル品がデモンストレーションされていました。最初に見に行った時は20代の若い説明員で、他の見学者からの質問に対して微妙な答えなので、一旦離れました。
帰り掛けに寄ったら中年の方に代わっていて、ちゃんと名札を下げた課長さんでした。
1.本体は原価を下げて2万円に、Nのコンテナに仕込んだサウンドは3千円くらいにしたい。
2.今あるサウンドサンプルは、C62とSD40である。(ビデオの通り) D51やC56のサウンドを別に作るか、決まっていない。
3.DCCに慣れた人には売れないことは承知している。アメリカでも例えばAmtrakやMetraのスターターセット(紙箱に車両だけ)はよく売れていて、DCCに無縁な購買層は予想以上にいる。
4.多重連や2編成運転は要らないが、音は欲しいという声がある。我々は非DCCユーザーも重要なお客様と思っている。
5.車両側に一切の工作は不要で、他社製品、パワーパックの容量さえあればHOやGゲージも対応できる。
6.本体にDCCの機能があり、BEMF検知でサウンドを同期させている。走行中の機関車を手で押さえて止めると音も止まる。(実演)

多少意地悪な質問にも丁寧な答えをされたのには好感がありました。
発売はまだ試行錯誤があるようで、早くて年内かどうかくらいのようです。

No.150 2013/08/19(月) 22:28:57
ワークスK
【KATO-USA】アナログ・サウンドのスピーカーは? 関連発言
リポート、ありがとうございました。
 てっきりスピーカーが機関車に積まれているとばかり思っていましたら、パック横のユニットなんですね。それでいて、走行速度に同期とは驚きます。ひょっとすると本当にウケるかも!

No.248 2013/12/31(火) 16:27:59
ワークスK
【KATO-USA】クリスマス・ニューイヤー貨車 関連発言
Kato-USAのサイトを久しぶりに覗いたら、Season's Greetings仕様のカバード・ホッパーが出ていた。ぞっとしないデザインではある。Nゲージだから、当方が手を出すはずのないモデル。注文のページが見つからないので、すでに売り切れたのかもしれない。




posted by ワークスK at 20:46| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

第5次掲示板 126 【Athearn】EMDの2軸スイッチャー

●No.126 【Athearn】EMDの2軸スイッチャー ワークスK 2013/08/01(木) 02:27:26


No.126 2013/08/01(木) 02:27:26
ワークスK
【Athearn】EMDの2軸スイッチャー 関連発言
アサーンから案内のあった新製品は、どれも食指が動くものばかり。とりわけ、ジェネシスのSDP45は、SP色がショート・ノーズに独特のヘッドライトを再現し、EL色が尖がったロングフォードとなっているというのだから驚く。BNファンならGN色が狙い目だけれど、グリーンとなった製品を待った方が賢いはず。
 一方、RTRのEMD Model 40 "Critter"は、10年前のMDC製品。当方もロサンゼルスのトラベルタウン博物館で見てきたので、愛着がある。MR誌のディーゼル機図面集に掲載されているからご存知の方も多いことだろう。ただ、アサーンのイラストは線が薄くて判り難い。少しレタッチしてみたものが次。構造的な興味は、カプラーポケットと車軸ギアの干渉を、どうやって逃げているのかという点。

163_19.jpg
posted by ワークスK at 06:48| Comment(0) | 第5次掲示板ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする